« 亀井静香氏、郵政民営化見直し担当大臣を自認 | トップページ | 鳩山由紀夫新政権/内閣の顔ぶれ »

2009/09/16

火天の城 映画館は歴女でいっぱい

歴史好きの女性が増えているらしい。歴女と呼ぶそうだが、確かに、火天の城を観終わって明るいロビーに出ると、30~50代の御婦人方で溢れていた。

Photo_2映画は、戦国の鬼才・織田信長が建てた5層7階の巨大な安土城が完成するまでの苦難の物語である。
1575年、信長は日本列島のど真ん中・安土の地に、天下を睥睨する巨大な城を建てることを決意した。

「安土の山をまるごとひとつ、三年で城にせよ!」

1火天の城は、信長/椎名桔平から築城の厳命を受けた番匠ばんしょう(宮大工)岡部又右衛門/西田敏行やその妻/大竹しのぶや娘/福田沙紀、多くの部下たちの奮闘ぶりを描く……。

■『利休にたずねよ』で直木賞を受賞した山本兼一の同名小説が原作。

                      直木賞作家出身大学ランキング

       ココ・アヴァン・シャネル@朝日ホール 孤児院から世界へ

 

          

|

« 亀井静香氏、郵政民営化見直し担当大臣を自認 | トップページ | 鳩山由紀夫新政権/内閣の顔ぶれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火天の城 映画館は歴女でいっぱい:

» 火天の城 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。山本謙一原作、田中光敏監督、西田敏行、椎名桔平、福田沙紀、大竹しのぶ、緒方直人、夏八木勲、水野美紀、西岡徳馬、石橋蓮司、笹野高史、寺島進、山本太郎。安土城建造を指揮した尾張・熱田の宮大工番匠岡部又右兵衛(西田敏行)の物語だが、実際の主役は今で言....... [続きを読む]

受信: 2009/09/16 15:38

» [映画『火天の城』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆よく出来た作品であった。  時代劇の大作として、『BALLAD/名もなき恋のうた』を子供向きだと感じた人は、こちらも見れば、不満が解消されよう。  また、私があれ程感心した『BALLAD』での小国のお城のセットが、こちらの『火天の城』の安土桃山城セットでは更にパワーアップされている。  どちらがセット的に優れているかと言う問題ではなく、城のスケールの違いが段違いで分かる。  繰り返すが、映画作品としての格の違いではなく、登場人物である小国の殿と織田信長の違いである。  どちらも、その作品... [続きを読む]

受信: 2009/09/16 22:15

» 火天の城 [そーれりぽーと]
安土桃山城を建てたオッサンに焦点を当てた映画、『火天の城』を観てきました。 ★★ もっとプロジェクトX寄りに淡々と描いてくれたら面白かったのに、どうでも良いしかも濃い人間ドラマが間に挟まりまくりで、そのたびに「またかい!」と感じて最後は完全に飽きてしまっていた。 大黒柱を手に入れるまで苦労したというストーリーに大半を費やし、費やした割にそれが残した遺恨はササっと処理、せっかくだからもうちょっと掘り下げたら? つーか、そこまでが長過ぎなんですけど、もう後半な時間なはずなんですけど。 疲れたし、もう... [続きを読む]

受信: 2009/09/16 23:39

» 火天の城 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
地味な時代劇だが見応えがあるのは、合戦ではなく仕事への情熱を描いているから。この作品は、いわば戦国版プロジェクトXだ。織田信長から城郭要塞・安土城の建立を命じられた、知られざる名工・岡部又右衛門が、職人の意地と誇りをかけて巨大な城作りに挑んでいく。ものづ....... [続きを読む]

受信: 2009/09/16 23:49

» 映画「火天の城」@よみうりホール [masalaの辛口映画館]
 客入りは8〜9割くらい、客年齢は異常に高い。  映画の話 織田信長(椎名桔平)から城の建設を命じられた熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)。又右衛門は即座に引き受けるが、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという。夢のような...... [続きを読む]

受信: 2009/09/17 00:09

» 火天の城 [やっぱり邦画好き…]
信長に命を受け、空前絶後の巨大建築〈安土城〉築城に挑む熱田の宮大工・岡部又右衛門。知られざる戦国時代の名工にスポットを当て、安土城築城の裏にある無名の男たち、女たちの壮... [続きを読む]

受信: 2009/09/17 15:07

» 『火天の城』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:田中光敏原作:山本兼一出演:西田敏行、椎名桔平、大竹しのぶ、福田沙紀試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>天正四年(1576年)、熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)は、織田信長(椎名桔平)から、安土に五重の城の建設を命ぜら...... [続きを読む]

受信: 2009/09/19 06:15

» 火天の城 [シネマ大好き]
安土城築城に挑んだ宮大工と仲間たちの物語。 長篠の戦いに勝利した信長(椎名桔平)は、琵琶湖を望む安土の山に五重の城を建てることを宮大工の岡部又右衛門(西田敏行)に命じる。 どんな城になるかを披露する「指図争い」で、又右衛門が見事に勝利するのだが、それは吹..... [続きを読む]

受信: 2009/09/19 12:36

» 【96.0Kg】 「火天の城」を観てきました♪ [街のクマさん 炎のダイエット日記]
こんばんわさんです♪ {%笑いwebry%} [続きを読む]

受信: 2009/09/20 23:51

» 映画 【火天の城】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「火天の城」 山本兼一の同名小説の映画化。 おはなし:熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)は織田信長(椎名桔平)から城の建設を命じられた。ただし、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという・・・。 映画ではまず、指図争いという総棟梁を決めるエピソードがとても面白かったです。岡部又右衛門のライバルは奈良や京都の名門大工たち。設計図や雛形模型でのプレゼンはライバルが一歩リード。けれど、「万が一落城した場合」の火の道を検証してみせると、一気に又右衛門がライバルを... [続きを読む]

受信: 2009/09/24 13:35

» 火天の城 [再出発日記]
時代劇版プロジェクトXである。良くも悪くも。監督:田中光敏原作:山本兼一出演:西田敏行、福田沙紀、大竹しのぶ、椎名桔平、西岡徳馬なるほど、職人の心意気とはこういうことなのだということがよく分る、まさにプロジェクトX的作品。戦闘場面は出てこないけれども、甲...... [続きを読む]

受信: 2009/09/24 13:56

» 「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX [はらやんの映画徒然草]
今年は時代劇が4作公開される豊作の秋です。 他の3作品は宣伝に力が入っていたり、 [続きを読む]

受信: 2009/09/24 21:54

» 「火天の城」 [みんなシネマいいのに!]
 織田信長から安土城の築城を命じられた宮大工とその家族や職人の話。 意外に何でも [続きを読む]

受信: 2009/09/24 23:54

» 『火天の城』 ('09初鑑賞127・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 9月20日(日) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009/09/25 00:13

» 『火天の城』 [唐揚げ大好き!]
  我が城を建てよ。   ■絢爛豪華たる南蛮文化と日本文化が入り乱れ咲き誇る、安土桃山時代。天下人・織田信長が欲したのは、空前絶後の巨大建築にして、誰もみたことのない”日本の象徴・安土城”。命を受けた天才宮大工・岡部又右衛門と、そこに集う百万人の<名も... [続きを読む]

受信: 2009/09/25 04:14

» 火天の城 [Diarydiary!]
《火天の城》 2009年 日本映画 織田 信長の命により五層七階の城を築城すつこ [続きを読む]

受信: 2009/09/25 19:49

» 火天の城 [花ごよみ]
原作は山本兼一の同名小説。 主役、岡部又右衛を、 西田敏行が演じています。 共演には大竹しのぶ、椎名桔平、福田沙紀…。 原作も読みました。 本の感想は→こちらです。 原作では、又右衛門の息子は出てきますが 娘はいません。 又右衛門の妻の亡くなり方も違っていました。 本にあった城の建築方法などが割愛。 映画のほうがすっきりしていて、 ストレートな描かれ方でした。 原作の深みが感じられない分、 ストーリーが簡潔化されていて、 理解し易く楽しめました。 織田信長から安土城建設を、 命じられた... [続きを読む]

受信: 2009/09/26 09:22

» 映画 「火天の城」 [ようこそMr.G]
映画 「火天の城」 [続きを読む]

受信: 2009/09/26 11:19

» 映画「火天の城」 [FREE TIME]
シルバーウィーク期間中に、映画「火天の城」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009/09/27 00:55

» 火天の城 [迷宮映画館]
ふた昔前くらいの映画みたいだった・・・。 [続きを読む]

受信: 2009/09/27 08:42

» *火天の城* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2009年  日本 天正4年(1576年)、長篠の戦いで勝った織田信長は、琵琶湖を臨む安土の地に巨大な城を築くべく、信長が見込んだ熱田の宮番匠・岡部又右衛門に命じる。又右衛門は即座に引き受けるが、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという。夢のような仕事を前に、寝食を惜しんで図面作りに没頭する又衛右門を、妻の田鶴、娘の凛らが支えるが、空前の巨大建築の完成には多くの困難が待ち受けていた…。           ..... [続きを読む]

受信: 2009/09/27 12:43

» 火天の城 [りらの感想日記♪]
【火天の城】 ★★★★ 試写会(19)ストーリー 天正四年(1576年)、熱田の宮番匠、岡部又右衛門(西田 敏行)は、ある日突然織田信長(椎 [続きを読む]

受信: 2009/09/27 16:40

» 『火天の城』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「火天の城」□監督 田中光敏 □原作 山本兼一 □脚本 横田与志 □キャスト 西田敏行、大竹しのぶ、椎名桔平、寺島 進、山本太郎、石田卓也、上田耕一、夏八木 勲、緒形直人、西岡徳馬、渡辺いっけい、田口浩正、石橋蓮司、笹野高史、福田沙紀、水野美紀、前田 健、河本準一、遠藤章造■鑑賞日 9月13日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 河本〜〜〜っ、「お前に演(や)らせる秀吉はねぇ〜」(笑)... [続きを読む]

受信: 2009/09/28 12:37

» mini review 10447「火天の城」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大工・岡部又右衛門の生き様を描く時代劇。監督は『化粧師 KEWAISHI』の田中光敏。『釣りバカ日誌』シリーズなど、出演作が続く超売れっ子の名優・西田敏行が岡部又右衛門を演じる。共演は『レイン・フォール/雨の牙』の椎名桔平ら。城作りのダイナミズムを壮大なスケールでとらえた映像に注目だ。[もっと詳しく] 日本映画界の至宝、美術監督の西岡善八氏に敬意を表したい。 時代劇の... [続きを読む]

受信: 2010/03/07 23:58

« 亀井静香氏、郵政民営化見直し担当大臣を自認 | トップページ | 鳩山由紀夫新政権/内閣の顔ぶれ »