« 東大寺南大門の敷居保護板に、赤いペンキ | トップページ | 中山美穂主演映画『サヨナライツカ』 原作;辻仁成 »

カーン博士、北朝鮮に核技術与えて300万㌦受け取る

パキスタンの核科学者アブドルカディル・カーン博士が北朝鮮と核コネクションを結ぶことになった過程について記された文書が公開された。
イギリス日刊紙ザ・タイムス電子版は20日(現地時間)、カーン博士が北朝鮮に核関連技術・装備を提供した経緯を書いて夫人に送った手紙を入手したと伝えた。

Photo手紙は03年12月、核拡散スキャンダルで自宅軟禁されたカーン博士がドイツに暮らす夫人に送った書簡の写本だ。
カーン博士は、「退役したパキスタン将星が北朝鮮から受けとった300万㌦を持って来て設計図と装備提供を依頼した」と書いた。

この手紙には具体的に書かれていなかったが、カーン博士が昨年AP通信に明らかにした通り、この金を受け取って渡した関連装備は、遠心分離機約20機、流量計、遠心分離機用特殊油などであるものと推定される。

カーン博士は当時、「北朝鮮の技術者たちを対象に1級秘密施設である遠心分離機工場を見学させ、技術指導もした」と主張。手紙にはまた、北朝鮮だけではなくイラン、リビア、中国にも核技術を提供したという内容が描かれていた。

ブットー政権(1988~1991)当時、将星だったイムティアズ将軍が設計図と装備一式をイラン側に渡すことを要請したというのだ。これによってカーン博士は供給者たちの名前と住所を教えてくれたと手紙で明らかにした。

同氏はまた、パキスタン技術で中国陝西省漢中に遠心分離施設を作ったと付け加えた。時点を明らかにはせず、博士はこの施設の建設の対価として中国側から核兵器設計図と濃縮ウラン50㌔、濃縮用ウラン原料15㌧を受けとったと書いた。

カーン博士は続く03年、リビア側に遠心分離機用部品を輸送するプロジェクトにも参加したと新聞は伝えた。


|

« 東大寺南大門の敷居保護板に、赤いペンキ | トップページ | 中山美穂主演映画『サヨナライツカ』 原作;辻仁成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46295605

この記事へのトラックバック一覧です: カーン博士、北朝鮮に核技術与えて300万㌦受け取る:

» 八ッ場ダムの数字を誤魔化すマスコミ達 [雑感]
 昨日テレビを見たら、八ッ場ダムの建設を中止にすると、利水予定者(都県)が今までに負担をした、「1460億円を返還をしなくっりゃいけない」とのたまっていた。それも、二度テレビのスイッチを入れたら、二度とも 「ダム建設をした場合と建設をしなかった場合」 の金額をフリップにして映し出されていた。 マスコミの勉強(取材)不足は否めない。 「都県知事も、それに呼応して 負担金の返還を要求する 」と発言をしたことに対し、民主党・仙石の 「裁判なら受けて立つ」 という話をマスコミは、「一人歩きをさせたい」ように... [続きを読む]

受信: 2009/09/24 12:07

« 東大寺南大門の敷居保護板に、赤いペンキ | トップページ | 中山美穂主演映画『サヨナライツカ』 原作;辻仁成 »