« 新型インフルの本格流行が始まった 舛添要一厚労相 | トップページ | ナイト ミュージアム2  スミソニアン博物館 »

酒井康資フィギュアコーチ、強姦致傷事件を否認

クラブで指導していた女子中学生に乱暴したとして、強姦致傷罪に問われた日本フィギュアスケーティングインストラクター協会元理事酒井康資被告58の初公判が20日、名古屋地裁(佐々木一夫裁判長)で開かれた。

Photo_2酒井康資は、「(暴行行為を)少女に一切行っていない。本件は冤罪事件です」と起訴内容を否認した。
冒頭陳述で検察側は、「コーチとしての立場を利用した犯行」と指摘。

弁護側は「脅迫したり傷害を負わせた事実もない」と主張した。

起訴状によると、酒井は昨年4月11日未明、名古屋市瑞穂区の自宅で、スケート指導のため宿泊させていた当時13歳の女子中学生の首を両手で絞め、「大きい声を出したらスケートをやめさせるぞ」などと脅して乱暴し、1週間のけがを負わせたとしている。

   酒井康資元コーチ、女子生徒への性的暴行を認める

   フィギュアスケート界におけるコーチと生徒の関係、渡部絵美

 

|

« 新型インフルの本格流行が始まった 舛添要一厚労相 | トップページ | ナイト ミュージアム2  スミソニアン博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45980126

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井康資フィギュアコーチ、強姦致傷事件を否認:

« 新型インフルの本格流行が始まった 舛添要一厚労相 | トップページ | ナイト ミュージアム2  スミソニアン博物館 »