« 民主308 自民119 政権交代、鳩山首相誕生へ | トップページ | 2009衆院選 主な落選候補者&比例復活した候補者 »

太田昭宏&北側一雄&冬柴鉄三氏ら、公明小選挙区崩壊

公明党は公示前の31議席を大きく割り込む21議席にとどまり、1967年の衆院選(25議席)を下回る過去最低を記録した。

Photo_2全国8小選挙区で擁立した太田昭宏代表や北側一雄幹事長、冬柴鉄三前幹事長ら党独自候補が全滅する歴史的大敗を受け、党存亡の危機(幹部)に直面している。

67年の衆院初進出以来、同党トップの落選は初めて。執行部の刷新を含め来夏の参院選に向けた党の立て直しが急務だ。

公明党の歴代トップは支持母体の創価学会とも協議して決まるのが慣例。

神崎武法前代表は98年から約8年間、代表職を務めた。06年の代表選には太田昭宏氏だけが出馬しており、落選は想定外の事態だった。

    公明党代表;山口那津男 幹事長;井上義久 政調会長;斉藤鉄夫

    民主308 自民119 政権交代、鳩山首相誕生へ

|

« 民主308 自民119 政権交代、鳩山首相誕生へ | トップページ | 2009衆院選 主な落選候補者&比例復活した候補者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46078425

この記事へのトラックバック一覧です: 太田昭宏&北側一雄&冬柴鉄三氏ら、公明小選挙区崩壊:

« 民主308 自民119 政権交代、鳩山首相誕生へ | トップページ | 2009衆院選 主な落選候補者&比例復活した候補者 »