« 浅丘ルリ子さん 私の妹、麗子へ 異色!哀悼の辞 | トップページ | オリエント急行、コスト高などで126年の疾走に幕 »

ローソン&マツキヨが提携 共同出資で年内に新社

コンビニエンスストア2位のローソンとドラッグストア首位のマツモトキヨシホールディングスは24日、業務提携の基本契約を結んだと発表した。

Photo_5年内に共同出資会社を設立し、コンビニとドラッグストアを融合した新型店舗を来春から出店する。医薬品や食品など双方が手薄な分野を補完するため、商品の相互供給も進める。

Photo_6今年6月の一般用医薬品(大衆薬)販売の規制緩和や個人消費の低迷をきっかけに今後も小売りの業態を超えた再編が進みそうだ。今年6月に薬剤師がいなくても新資格の登録販売者を配置すれば大半の大衆薬を販売できる改正薬事法が施行。

これを受けセブン&アイ・ホールディングスが調剤薬局大手のアインファーマシーズと資本・業務提携したが、業態の違う小売り同士が共同店舗の開発・出店にまで踏み込むのは初めて。(NIKKEI・他)参照

|

« 浅丘ルリ子さん 私の妹、麗子へ 異色!哀悼の辞 | トップページ | オリエント急行、コスト高などで126年の疾走に幕 »

コメント

yutakarlsonさん
お久しぶりです。
貴ブログ、拝見しました。
相変わらず充実したブログに驚きました。

いろんな分野で業界再編が進みますね。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: 大滝三千夫 | 2009/08/25 17:45

■ローソン・マツキヨのコンビニ薬局「5年で1千店」が目標-またモノマネ業態か?

こんにちは。ローソンがまた、新しい業態を出します。どんな業態化は、まだはっきりしませんが、どうやらアメリカのドラッグ・ストア・チェーン「ウォルグリーン」が念頭にあるようです。しかし、店舗面積はウォルグリーンのものよりはるかに小さいですから、どのような業態になるかは未知数です。現在は、 100年に一度の金融危機だといわれています。80年ほど前の金融恐慌の時代にアメリカの社会の変化に対応したスーパーマーケットの原型が誕生しました。今回の金融危機でも、社会が変わると思いますが、それに対応するような業態が日本から誕生してもらたいものです。モノマネではなくて、日本独自のまったく新しい業態をつくるべきだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009/08/25 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46015088

この記事へのトラックバック一覧です: ローソン&マツキヨが提携 共同出資で年内に新社:

« 浅丘ルリ子さん 私の妹、麗子へ 異色!哀悼の辞 | トップページ | オリエント急行、コスト高などで126年の疾走に幕 »