« 浅田真央・安藤美姫に次ぐ第3の選手は…西野友毬? | トップページ | 金大中元韓国大統領が死去 初の南北首脳会談を実現 »

民主公約の高速無料化でCO2急増 公共交通の充実を!!

民主党が衆院選のマニフェスト/政権公約に掲げた高速道路の無料化と自動車関連の暫定税率の廃止が実施された場合、二酸化炭素/CO2の排出量が年980万㌧増えるとの試算をシンクタンクがまとめた。

一般家庭の年間排出量に換算すると約180万世帯分に相当。麻生政権が導入した休日の高速道路千円乗り放題で増加が見込まれる年245万㌧と比べても4倍となる。
民主党の公約が地球温暖化対策に与える影響について試算したのは、自治体の環境政策に携わるシンクタンク環境自治体会議・環境政策研究所

県境をまたぐ移動に新幹線や高速バスなど公共交通機関を使っていた人の一部が、自動車を利用するようになると仮定して分析した。
それによると、高速無料化と暫定税率廃止が実施された場合、自動車の輸送量が21%増えるのに対し、鉄道は36%減、バスは43%減、航空機は11%減と公共交通機関は軒並み減るという結果が出た。

鉄道離れが特に進むのは、東京圏からは東北や近畿方面などに向かう路線、大阪圏からは東海や四国方面などへの路線とみられるという。

国内の運輸部門のCO2排出量は2億4900万㌧(07年度)で、これを約4%押し上げる計算になる。

衆院選のマニフェストで自民党は、高速無料化にも暫定税率廃止にも触れていない。政府が今春から始めた休日の高速千円乗り放題の継続について公明党は公約に掲げているが、自民党は明記を避けた。
社民党は、高速無料化には触れず、暫定税率廃止だけを盛り込んだ。

12日の党首討論では、麻生首相が「石油の消費が増えて環境には悪くなる」と民主党の公約を批判すると、鳩山代表は「必ずしもCO2(排出量)に大きな悪影響を及ぼすということではない」と反論した。

高速料金の値下げや無料化などは温暖化対策に逆行するとして、環境NGOは反発を強めている。気候ネットワーク(京都市)など10団体は5日、各党に公約撤回を求める声明を発表。声明に賛同する団体は増えており、12日現在で21団体になっている。(asahi.com)参照

★今、民主党に最も期待していることは『官僚主導政治』というパンドラの箱を開け、役人どもの実態を白日の下に曝すこと。

★期待したいだけに、高速無料化と暫定税率廃止が「必ずしもCO2(排出量)に大きな悪影響を及ぼすということではない」とする鳩山氏には愕然とする。具体的な根拠がなく、言葉だけで批判を処理しようとしているからだ。

★政治が地球温暖化対策をないがしろにしてまで、しかも自動車メーカーだけを守ろうとするのは何故か。鉄道や飛行機、船会社などが泣いている。

|

« 浅田真央・安藤美姫に次ぐ第3の選手は…西野友毬? | トップページ | 金大中元韓国大統領が死去 初の南北首脳会談を実現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45919564

この記事へのトラックバック一覧です: 民主公約の高速無料化でCO2急増 公共交通の充実を!!:

» タリバンのエンドゲーム・テロ戦争の潮目 [米流時評]
   ||| タリバン戦線のエンドゲーム |||  テロ戦争8年目の潮目 パキスタンのタリバン拠点へ米軍のミサイル攻撃開始   ここ数日で、アフガンとパキスタン国境地帯のタリバンの拠点に対して 米軍・パキスタン政府軍・アフガン政府軍の総攻撃が展開している。 7月の対タリバン戦線の戦死者数が、 米軍もNATO軍も、テロ戦争始まって以来の記録となってしまった。 もちろんそれ以前から「アフガン・サージ」(増兵)は始まっていた。  本来のテロ戦争の目的から外れて、石油利権目当てのイラ... [続きを読む]

受信: 2009/08/15 11:09

« 浅田真央・安藤美姫に次ぐ第3の選手は…西野友毬? | トップページ | 金大中元韓国大統領が死去 初の南北首脳会談を実現 »