« 裁判員裁判第1号、懲役15年の判決 東京地裁 | トップページ | 大原麗子さん、死去 自宅で孤独死 »

国会図書館の本、有料ネット配信へ 400万冊対象

国立国会図書館は日本文芸家協会・日本書籍出版協会と共同で、デジタル化した蔵書をインターネットで有料配信するサービスを始める。

Photo_6両協会が著者など権利者に許可を取り、個人がネット上で国会図書館の蔵書を読めるようにする。同図書館が保有する国内書籍400万冊を対象に2011年春にも開始する。

国内最大の図書館が書籍のネット配信を主導することで、書籍のデジタル化が加速する可能性がある。
9月に同図書館と両協会が中心となり協議会を設立する。

10年3月までに利用者から著作権料をいくら徴収するかなど詳細を詰めたうえで、11年春には利用者から集めた著作権料を作家などに分配する社団法人か財団法人を発足させる。

書籍通販サイトや配信サイトを運営する民間企業が、同法人を通じて書籍データの使用許可を取り、利用料を独自に設定してサービスを提供する仕組み。(NIKKEI・他)参照

|

« 裁判員裁判第1号、懲役15年の判決 東京地裁 | トップページ | 大原麗子さん、死去 自宅で孤独死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45853166

この記事へのトラックバック一覧です: 国会図書館の本、有料ネット配信へ 400万冊対象:

« 裁判員裁判第1号、懲役15年の判決 東京地裁 | トップページ | 大原麗子さん、死去 自宅で孤独死 »