« ローソン&マツキヨが提携 共同出資で年内に新社 | トップページ | 金がねえなら結婚しない方ががいい。俺は金はない方じゃ… »

オリエント急行、コスト高などで126年の疾走に幕

22日付の英紙インディペンデントは、アガサ・クリスティの推理小説でも有名なオリエント急行が今年12月をもって廃止されると報じた。交通手段の発達やコスト高などで乗客が離れたのが理由で、126年の歴史に幕を下ろす。

Photo_7オリエント急行は現在、オーストリアのウィーンと仏東部ストラスブールの間を運行。12月12日午前8時59分にストラスブールに到着する列車が最終となる。

1_21883年に運行開始。最盛期にはパリからトルコのイスタンブールを結び、欧州大陸の大動脈として活躍したが、第2次世界大戦後、自動車や飛行機、高速鉄道の発達などに押され、01年にパリ―ウィーン間、07年に現路線へと縮小されていった。

鉄道評論家は同紙に、「高速鉄道は素晴らしいが、田舎を穏やかにドライブするように走る列車は保存されるべきだ。悲劇だ」と語っている。

|

« ローソン&マツキヨが提携 共同出資で年内に新社 | トップページ | 金がねえなら結婚しない方ががいい。俺は金はない方じゃ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/46015985

この記事へのトラックバック一覧です: オリエント急行、コスト高などで126年の疾走に幕:

« ローソン&マツキヨが提携 共同出資で年内に新社 | トップページ | 金がねえなら結婚しない方ががいい。俺は金はない方じゃ… »