« 上海万博、日本産業館が起工式 堺屋太一氏が出席 | トップページ | TV地球儀、地球儀の情報をテレビに反映 エポック社 »

自由の女神の王冠展望台 同時多発テロ以来の閉鎖解除

自由の女神の王冠部にある展望台が米国の独立記念日の4日から、約8年ぶりに見学できるようになった。01年の同時多発テロ以降、立ち入りが禁じられてきたが、住民らの働きかけで米国立公園局が再公開を決めた。

Photo_5自由の女神は、19世紀末にフランスから贈られた。
移民の玄関だったニューヨーク湾にあり、米国の象徴として親しまれてきた。

ユネスコの世界遺産にも指定されたが、同時多発テロ直後、爆破などを警戒して全面立ち入り禁止に。台座部分への立ち入りは04年夏に再開されたが、頂上の王冠まではのぼれなかった。

Photo_6再公開前から米市民の関心は高く、王冠部への入場券は約2カ月先まで売り切れ。

自由の女神は自由のシンボル。王冠まで自由にのぼれることで、同時テロで失ったものをようやくすべて取り戻したと実感できる」ダレン・バーク国立公園局広報官。

◆王冠部への入場券の予約はココ 宿泊の予約 9月上旬分まで完売。

|

« 上海万博、日本産業館が起工式 堺屋太一氏が出席 | トップページ | TV地球儀、地球儀の情報をテレビに反映 エポック社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45548912

この記事へのトラックバック一覧です: 自由の女神の王冠展望台 同時多発テロ以来の閉鎖解除:

« 上海万博、日本産業館が起工式 堺屋太一氏が出席 | トップページ | TV地球儀、地球儀の情報をテレビに反映 エポック社 »