« 田中康夫氏、冬柴鉄三氏と激突 兵庫8区 | トップページ | 大月亮太さん、国際生物学オリンピックで金メダル »

日食メガネに不良品混在 そのまま見ると失明の恐れ

独立行政法人科学技術振興機構が17日、全国の小・中・高校などに無料配布した日食グラスに遮光板が入っていない不良品がまじっていたと発表した。
そのまま太陽を見ると失明の恐れがあるという。

Photo_2約5万個を配布済みで、ホームページで注意喚起を始めた。
天体望遠鏡メーカーのビクセン(本社・埼玉県)製で、8日に日本科学未来館(東京都)の来館者に配った20個のうち1個に遮光板が入っていない不良品が見つかった。

同機構が在庫の480個を調べたら、さらに1個の不良品があった。15日には来館者から遮光板がずれていたとの連絡があり、16日からHPで注意喚起を始めた。

Photo_3同機構はこのグラス約5万個を、月刊誌Science Window1月号の景品として、全国の学校や教師らに配布したという。

同タイプの製品は市販もされており、ビクセンは「初期に生産した6万枚に不良品がまじってしまったようだ。遮光板が正しく取り付けられているか、確認してほしい」としている。(asahi.com)参照

|

« 田中康夫氏、冬柴鉄三氏と激突 兵庫8区 | トップページ | 大月亮太さん、国際生物学オリンピックで金メダル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45669543

この記事へのトラックバック一覧です: 日食メガネに不良品混在 そのまま見ると失明の恐れ:

« 田中康夫氏、冬柴鉄三氏と激突 兵庫8区 | トップページ | 大月亮太さん、国際生物学オリンピックで金メダル »