« 麻生太郎首相、21日頃解散 8/30投開票やっと決めた | トップページ | 高野山大生;大岡洋平&伊藤竜馬が大麻所持容疑 »

トルコ、ウイグル騒乱は中国によるジェノサイドだ!

新疆ウイグル自治区の騒乱をめぐり、トルコの中国批判が突出している。エルドアン首相は大量の犠牲者が出た状況を、ウイグル族へのジェノサイド/集団殺害だと批判。民衆にも反中感情が高まっている。

Photo_8民族・言語がトルコ系でイスラム教徒であるウイグル族への同情と、宗教・民族のつながりを重視する外交姿勢が背景にある。
エルドアン首相は11日、
同化政策をやめるよう中国政府に求める」と述べた。

騒乱発生以来、非常任理事国として国連安全保障理事会で取り上げる意向を示すなど、中国側の反発を招いている。特にジェノサイドは、トルコがオスマン帝国末期のアルメニア人虐殺事件をめぐって否定し続けてきた言葉。

ギュル大統領が6月末にウルムチを訪問、「ウイグル族はトルコ・中国友好の懸け橋」と強調した矢先だったため、失望感もあるとみられる。

Photo_9トルコは親欧米路線だが、欧州連合加盟交渉の停滞や米国の中東政策への反感もあり、民族感情が高まっている。
イスラエル軍によるガザ攻撃があった際にはイスラム系財団に短期間で膨大な寄付が集まり、イスラム教徒の連帯を叫ぶ傾向も顕著だ。

12日にはイスタンブールで反中デモがあり、数千人が参加。「東トルキスタン万歳」「ムスリムは残虐行為に負けない」などと叫んだ。

首相の刺激的発言は、こうした大衆の声を意識したものだが、親イスラムの公正発展党政権には、トルコ系民族やイスラム諸国とのきずなを生かし、欧米との仲介役として立場を強める戦略もある。

Photo_10世界が注目するこの機会をとらえ、存在感を示す計算があるとみられる。ただ、トルコはクルド人への人権抑圧問題を抱え、他国の人権問題を突くのはリスクがある。

加えて、中国は輸入額3位の重要な貿易相手国。エルギュン商工相が中国製品ボイコットを呼びかけた直後、同省報道官が、「政府の方針ではなく、大臣の個人的意見」とするなど、火消しに走る動きもある。

|

« 麻生太郎首相、21日頃解散 8/30投開票やっと決めた | トップページ | 高野山大生;大岡洋平&伊藤竜馬が大麻所持容疑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45624507

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ、ウイグル騒乱は中国によるジェノサイドだ!:

» トルコ政府のような政府が世界中にありますように願わずにはいられません [ピア 徒然見聞録]
中国との関係が悪化しようが何しようが、譲れないところがある!と、こういうことですよね♪ →【ウイグル暴動】亡命組織主席にトルコ政府がビザ発給へ - MSN産経ニュース 【ウイグル暴動】亡命組織主席にトルコ政府がビザ発給へ - MSN産経ニュ... [続きを読む]

受信: 2009/07/14 20:52

« 麻生太郎首相、21日頃解散 8/30投開票やっと決めた | トップページ | 高野山大生;大岡洋平&伊藤竜馬が大麻所持容疑 »