« オバマ大統領、イチローのボールにサイン後 始球式  | トップページ | 芥川賞;磯崎憲一郎「終の住処」 直木賞;北村薫「鷺と雪」 »

三宅一生氏、NYタイムズに原爆体験寄稿 オバマさん広島へ

世界的デザイナー三宅一生さん71が、14日付の米ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿し、これまで多くを語ってこなかった自らの原爆体験に触れながら、オバマ大統領に広島を訪れるよう呼びかけた。

Photo_6オバマ氏が「核兵器のない世界」を訴えた4月のプラハ演説に触発されたという。
寄稿によると、三宅一生さんは広島にいた7歳の時に閃光を目撃。黒い雲があがり、人々が逃げまどう光景が「今も目に浮かぶ」。母親は放射線を浴びて、3年後に亡くなった。

一方で、「原爆を生き延びたデザイナー」といったレッテルを張られるのを嫌い、「いつも広島に関する質問は避けてきた」という。

Photo_5しかし、オバマ氏がプラハ演説で、単なる核の削減ではなく、廃絶に言及したことが「自分の中に深く埋もれていた何かを呼び覚ました」といい、「体験者の一人として個人的、そして倫理的な責任をかつてないほど感じるようになった」という。

8月6日の平和記念式にオバマ氏が参加すれば、核の脅威とは無縁の世界に向けた現実的で象徴的な一歩になると訴え、訪問を呼びかけた。

三宅氏は、ヒロシマの心を表現している芸術家に贈られるヒロシマ賞(広島市など主催、朝日新聞社共催)を90年に受賞している。 (asahi.com他)参照

|

« オバマ大統領、イチローのボールにサイン後 始球式  | トップページ | 芥川賞;磯崎憲一郎「終の住処」 直木賞;北村薫「鷺と雪」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45642084

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅一生氏、NYタイムズに原爆体験寄稿 オバマさん広島へ:

« オバマ大統領、イチローのボールにサイン後 始球式  | トップページ | 芥川賞;磯崎憲一郎「終の住処」 直木賞;北村薫「鷺と雪」 »