« 瀬古利彦さん、永田七恵さんの死去を悼む | トップページ | 有島武郎と波多野秋子の書簡発見 北海道立文学館で公開 »

村田良平元外務次官、米核持ち込み密約の存在認める

1960年の日米安保条約改定の際、核兵器を積んだ米艦船の日本寄港や領海通過に事前協議は必要ないとする秘密合意を日米両政府が結んだとされる問題で、元外務事務次官の村田良平氏79が29日、朝日新聞の取材に、
「そうした文書を引き継ぎ、当時の外相に説明した」と述べた。

Photo_2核密約については、米側公文書などで、すでに存在が裏付けられているが、日本政府は一貫して否定してきた。外務省の事務次官経験者が証言するのは初めて。
村田氏は87年7月から約2年間、外務事務次官を務めた。

氏によると、外務省で当時使っていた「事務用紙」1枚に記された日本語の密約文書を前任者から引き継ぎ、後任に渡した。

Photo村田氏は当時の倉成正宇野宗佑両外相に秘密合意について説明。三塚博外相には「(宇野内閣が短命で)話すチャンスがなかった」。
首相に自ら直接説明することはしなかった。「それは外相から説明するからと。ただ、実際に外相が話したかどうかは知らない」。

政府が否定する秘密合意の存在を認めた理由については、
「代々の外相に歴代の次官が伝えてきた一方、国会答弁では核の持ち込みはないと言う。それはおかしいと思う」。
「安保ができたばかりの時は、外交交渉の結果を表にできなかったこともあるが50年たち、核の持つ意味も変化した。北朝鮮も核を持っているのだから」。

河村官房長官は29日の記者会見で、「ご指摘のような密約は存在しない」と改めて否定。「事前協議がない以上は核持ち込みがないと、まったく疑いの余地を持っていない」と述べた。(asahi.com他)参照

★アメリカの公文書で疾うに核密約の存在が裏付けられ、今、村田元外務次官が明らかにしている。
河村官房長官(政府)はナゼ、確認作業もせずに否定するのか……。

|

« 瀬古利彦さん、永田七恵さんの死去を悼む | トップページ | 有島武郎と波多野秋子の書簡発見 北海道立文学館で公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45496799

この記事へのトラックバック一覧です: 村田良平元外務次官、米核持ち込み密約の存在認める:

« 瀬古利彦さん、永田七恵さんの死去を悼む | トップページ | 有島武郎と波多野秋子の書簡発見 北海道立文学館で公開 »