« モーグル上村愛子、アルペン皆川賢太郎と結婚 | トップページ | 日米大学野球選手権、東浜巨~斎藤佑樹の黄金リレーが… »

新型インフルエンザ、パンデミック宣言 正則高校で集団感染

東京都は11日、私立正則高校に通う3年男子が新型インフルエンザに感染していることを確認したと発表。正則高校に通う市川市の3年男子の感染が10日に確認され、都は校内で集団感染が起きたとみている。

Photo_6 宮城、鳥取両県では10日に初の感染者が確認された。
朝日新聞の11日午前1時までの集計で、国内の感染者は20都府県の累計515人となった。

国内で初めて確認されてから約1カ月で500人を突破した。
学校での集団感染が広がっており、厚生労働省は注意を呼びかけている。

Photo_5都によると、正則高校の別の生徒11人と教員1人にも感染の疑いがあり、詳しい検査をしている。感染が確認された生徒は発熱や頭痛などを訴えたが、容体は安定しているという。
正則高校は、11日から1週間程度、休校する。

千葉県の発表では、市川市の生徒は9日に発熱があり、船橋市の医療機関を受診し、感染が確認された。
宮城県によると、盛岡市に住む観光バス会社の女性ガイド22は、すでに感染が判明している船橋市の市立中学校の生徒らが6月上旬に修学旅行で岩手県を訪れた際に同行した。
船橋市では10日に新たに中学生5人、感染した中学生の妹の小学生1人、母親の計7人の感染が確認された。

Photo_2成蹊大学(武蔵野市)は10日、新型豚インフルエンザに感染した学生が出たとして、法務研究科を除く全学で同日から15日まで休校とし、学生の構内への立ち入りを禁止する措置をとったとHPで発表した。同じキャンパスにある成蹊小学校は11~15日、成蹊中学・高校も11~13日、臨時休校の措置をとった。

Photo福岡市では博多区の小中学校の児童・生徒を中心に感染が広がり、11日午前1時現在で46人。
福岡県内で最初に感染が確認されたのは5月25日。福岡市の隣の同県志免町の妻の実家を訪れた米国人男性38だった。男性は中学生の暮らす地域の飲食店に立ち寄っていた。
県は、「男性から感染が広がった可能性が高い」とみている。
国立感染症研究所の専門チームの支援を受け、感染経路などを調べている。

鳥取県では、米国から両親の帰省先である鳥取市を訪れたフロリダ州在住の女児8の感染が確認された。

厚労省によると、国内で感染が確認された人の中で重症化した例はなく、感染者の約8割は完治している。
担当者は福岡県などの集団感染について、「学校単位で、おさまるかどうか見極める必要がある。今のところは感染源を追えている」と述べ、不特定多数に感染が広がる状態ではないとの見方を示した。

Photo_3新型豚インフルエンザ感染拡大で、世界保健機関/WHOのマーガレット・チャン事務局長は11日午後6時(日本時間12日午前1時)、ジュネーブの本部で記者会見。
6段階の警戒水準を「フェーズ5」から最悪の「6」に引き上げ、世界的大流行/パンデミックを宣言した。

     木村盛世検疫官、水際対策に疑問呈す 参考人招致

|

« モーグル上村愛子、アルペン皆川賢太郎と結婚 | トップページ | 日米大学野球選手権、東浜巨~斎藤佑樹の黄金リレーが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45312154

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ、パンデミック宣言 正則高校で集団感染:

» 新型インフル 警戒水準が「6」に [王様の耳はロバの耳]
WHO、新型インフル世界大流行を宣言=警戒水準が最高「6」に−移動制限不要(時事通信) - goo ニュース WHOが11日新型インフルについて警戒レベルを最高水準の「フェーズ6」に引き上げ宣言をしたそうです。 世界的な大流行(パンデミック)となったわけです。 {/hiyoko_cloud/} 「人の移動の制限」はされないそうですから日本国内でしか動かない爺なんかは余り深刻な影響はなさそうです。 {/face_ase1/} 5月の初め横浜の高校生が「新型インフルに罹患?」とニュースが流れた頃は何と... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 08:48

» WHOがついにパンデミック宣言 [かきなぐりプレス]
いち早く新型インフルエンザ感染者が出た大阪では、終息宣言から2週間以上が経過して、すっかり過去のものになった感がある。 その一方で、福岡や北海道などで新たな感染者が出るなど局地的な広がりを見せてはいるものの、鈍感になっていることは否めない。 WHOは南半球のオーストラリアでも新型インフルエンザが確認できたことから、ついに警戒レベルを最高のフェイズ6に格上げすることを決定した。 世界的な爆発的流行であるパンデミック宣言をした、ということになる。41年前の香港風邪以来、ということだが、... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 10:47

» 新型インフルエンザ、WHOがフェーズ6に引き上げ、遂にパンデミックに突入! [しっとう?岩田亜矢那]
大阪では最近マスクをしている人も減り すっかり終息宣言気分でいたが、 日本全国でみれば、徐々に広がり始まり 東京でも集団感染が疑われたりしている。 世界的に見て、急激に感染が広がった というより、とっくの昔にフェーズ6だったのが 日英同盟の圧力でフェーズ5に留めてたものの さすがに、そうもいってられなくなった、 てとこだろう。 新型インフルエンザが弱毒性だった為 「基準自体の見直しを」 から、ここにきて 「専門家会合では地理的要件を重視する従来基準を維持すべきだという勧告が出された」 と論調が変... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 11:57

» <新型インフル>警戒度6「世界的大流行」宣言…WHO [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
{/pc2/}  世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は11日夕(日本時間12日未明)、新型インフルエンザの警戒度を現行の「フェーズ5」から、世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ引き上げると発表した。インフルエンザのパンデミック発生は、世界中で約100万人が死亡した1968年の香港風邪以来41年ぶり。 41年ぶり「大流行」  チャン事務局長は会見で「感染の状況はフェーズ6の条件を満たしている」と話し「今後の感染の拡大は避けられない」とした。同日開いた専門家による緊急委員会や... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 22:53

» WHOが新型インフルエンザの警戒度を「フェーズ6」に引上げ [ボヘミアンな京都住まい]
新型インフルエンザは死者こそまだ少ないものの、南半球の豪州でも急激に感染者が増えていることなどから、北半球で本格的に感染が拡大するであろう時期の前に世界保健機関(WHO)が早めに手を打ったみたいですね。幸い現在のH1N1型より毒性の強いものまでは見つかっていないようですし、今のうちに準備できることはしておいてね、いうことでしょう。 現状でパンデミック宣言するほどでもないとは思いますが、警戒を緩めた隙に大流行になって国境封鎖するような事態になったら、わずかながら回復の兆しを見せ始めた世界経済が一気に... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 13:38

» WHOが新型インフルエンザの警戒度を「フェーズ6」に引上げ [ゆぐどらしる えくすぷれす Ver.2]
新型インフルエンザは死者こそまだ少ないものの、南半球の豪州でも急激に感染者が増えていることなどから、北半球で本格的に感染が拡大するであろう時期の前に世界保健機関(WHO)が早... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 13:39

« モーグル上村愛子、アルペン皆川賢太郎と結婚 | トップページ | 日米大学野球選手権、東浜巨~斎藤佑樹の黄金リレーが… »