« 携帯電話4社、メール転送サービスの導入を協議 | トップページ | サーシャ・コーエン、トリノ五輪銀メダリスト 復帰 »

伊吹文明&古賀誠両氏、世襲制限に賛意 自民党

自民党の伊吹文明元幹事長と古賀誠選挙対策委員長が7日、菅義偉選対副委員長が唱える国会議員の世襲制限に賛意を示した。党執行部や閣僚には世襲議員が多く、菅義偉氏はベテラン勢から集中砲火を浴びていただけに、2人の派閥会長によるエールは党内論議にも影響しそうだ。

Photo_5伊吹氏は派閥総会で、「さんの言う世襲制を含め、我々も身を切る姿勢を示すことは非常に大切」と明言。
法律で立候補を制限するのは憲法上難しいとしつつ、「世襲候補者の特権をすべて剥奪すればよい」と述べ、党選挙区支部や資金管理団体の政治資金を引退時点で党に全額寄付するルール作りを提唱した。

1古賀氏もBS番組の収録で、「選挙区を変わるとか、公募制をもっとオープンにする仕組みを議論すべきだ」と表明。
古賀両氏は反麻生勢力の中川秀直氏と同夜、都内の料亭で会い、世襲制限や議員定数削減が必要との意見でほぼ一致したという。

伊吹文明氏の特権剥奪論(初耳!)、古賀誠氏の選挙区変更論を党内の主流にしてほしい。
・小選挙区では、世襲候補が出たらよほど不人気でない限り、党内や後援会の事情によって、他に有能な人物が立候補しても勝ち目はないという。
・政治を一部の特権階級の私物にしてはならないのだ。

    自民党内に世襲制限論、菅義偉氏が旗振り役

|

« 携帯電話4社、メール転送サービスの導入を協議 | トップページ | サーシャ・コーエン、トリノ五輪銀メダリスト 復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44936063

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹文明&古賀誠両氏、世襲制限に賛意 自民党:

« 携帯電話4社、メール転送サービスの導入を協議 | トップページ | サーシャ・コーエン、トリノ五輪銀メダリスト 復帰 »