« 箸墓古墳の築造、卑弥呼の死亡時期と合致 | トップページ | 真央、愛子、圭一郎に上限1千万円の強化費 JOC »

中原中也の直筆を商標に 山口市が出願、文化的財産に

山口市出身の詩人中原中也(1907~37年)の名前の無断使用を防ぐため、山口市が特許庁に直筆の氏名の文字を商標出願した。認められれば、8月ごろに登録される。

1山口市によると、商標出願した文字は自筆の中原中也中也の二つ。
4年前に県外の飲料メーカーが氏名を商標出願し、遺族の反対で却下されたが、市は現代詩の中原中也賞を創設するなど顕彰に取り組んでおり、今年2月に遺族の了承を得て申請した。

Photo_3登録後、使用許可の判断は市が行い、「観光振興につながる」と判断すれば無料で認める方針。
市文化政策課は、「詩人のイメージを損なう商品のはんらんを防ぐのが目的」と説明している。(毎日jp 他)

中原中也は350篇以上もの詩を残し、それらの一部は、中也自身が編纂した詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』に収録されている。
また、『ランボオ詩集』を出すなど、フランスの詩人の紹介にもつとめた。

         川上未映子さん、芥川賞につづき中原中也賞

|

« 箸墓古墳の築造、卑弥呼の死亡時期と合致 | トップページ | 真央、愛子、圭一郎に上限1千万円の強化費 JOC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45165063

この記事へのトラックバック一覧です: 中原中也の直筆を商標に 山口市が出願、文化的財産に:

« 箸墓古墳の築造、卑弥呼の死亡時期と合致 | トップページ | 真央、愛子、圭一郎に上限1千万円の強化費 JOC »