« 日馬富士、決定戦で白鵬下し初優勝 大相撲夏場所 | トップページ | 東関親方/元関脇高見山の後継に、元幕内の潮丸 »

2009/05/24

毛越寺で曲水の宴 平泉の文化遺産を世界遺産へ

奈良・平安時代の貴族の歌遊び曲水ごくすいの宴が24日、岩手県平泉町の毛越寺もうつうじで再現された。当時の衣装を身にまとった歌人らが優雅に歌を詠み、約3000人の観光客を魅了した。

Photo_5庭園の水路遣水やりみずに浮かべた、杯を乗せた台が自分の前を流れるまでに歌人が即興で和歌をつくった。
今年の歌題は「土」。雅楽に合わせ、重要無形民俗文化財若女じゃくじょの舞も奉納された。

地元では毛越寺を含む平泉の文化遺産の世界遺産登録が昨年見送られ、11年の登録を目指しており、宮城県大崎市の男性71は、
「歌人らがゆっくり歩くのが印象的だった。世界遺産になってほしい」。

   平泉は文化遺産、小笠原諸島は自然遺産 世界遺産登録へ


                        


|

« 日馬富士、決定戦で白鵬下し初優勝 大相撲夏場所 | トップページ | 東関親方/元関脇高見山の後継に、元幕内の潮丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛越寺で曲水の宴 平泉の文化遺産を世界遺産へ:

« 日馬富士、決定戦で白鵬下し初優勝 大相撲夏場所 | トップページ | 東関親方/元関脇高見山の後継に、元幕内の潮丸 »