« キム・ヨナVSキム・テヒ 携帯電話CMの勝者は? | トップページ | 欧米で婚外子、40%以上に急増! 日本は2% »

田原総一朗氏が唱える、拉致被害者8人死亡説の根拠

田原総一朗氏の拉致問題をめぐる発言が、被害者家族の怒りを買っている。「北朝鮮が死亡したと主張している8人は、実は外務省側も知っている」と述べたことが、「家族と多くの国民の気持ちを踏みにじるもの」として批判を浴びているのだ。

Photo_5田原総一朗氏が「死亡している」としている根拠は何なのだろうか。

交渉にあたった外務省の当事者から直接聞いた?
田原氏は09年4/25にテレ朝系で放送された討論番組朝まで生テレビ!で、日本政府が横田めぐみさんや有本恵子さんなどの拉致被害者が生存しているという前提で北朝鮮との交渉に臨んでいることに対して、

「北朝鮮は繰り返し、『生きていない』と言っているわけ。外務省も生きていないことは分かっているわけ」と指摘し。国内の鑑定で偽物だとされた遺骨について、「米国で再鑑定すべき」との持論を展開した。

Photo_6この発言について、家族会と救う会は、「確実な根拠も示さず被害者死亡説を公共の電波を使ってまき散らしたとすれば、著しい人命軽視であり、家族と多くの国民の気持ちを踏みにじるもの」と反発。

田原氏とテレビ朝日に対して抗議文をファクスで送付した。
これに対して、田原氏は事務所を通じて、「一次情報から(情報を)得ている。だが、情報源を言うことはできない」とコメント。発言内容には自信がある様子だ。

実際、田原氏は、07年10月に訪朝した直後に早稲田大学で開かれたシンポジウムでも、北朝鮮高官から聞いた話を元に、「(横田めぐみさんなど)8人は死んでいるが、それ以外で生きている人はいる」との見方を披露しており、

世界08年7月号でも、「宋日昊(ソン・イルホ、日朝国交正常化交渉担当大使)の説明に不自然だと感じられるところはない。どちらかと言えば、北朝鮮側が『死亡した』と発表した8人を『生きている』と主張している日本側の方に無理があるのではないか。それに、日本側が調査を依頼していない人々の中には生存者がいる、と、これは交渉にあたった外務省の当事者から直接聞いた」と、ネタ元が北朝鮮側か日本側かのブレはあるものの、同趣旨の主張を展開している。

|

« キム・ヨナVSキム・テヒ 携帯電話CMの勝者は? | トップページ | 欧米で婚外子、40%以上に急増! 日本は2% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/45011406

この記事へのトラックバック一覧です: 田原総一朗氏が唱える、拉致被害者8人死亡説の根拠:

» 田原氏発言に家族会反発 [りゅうちゃんミストラル]
「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)での田原総一朗の発言が反発を招いている。田原氏発言で「放送倫理・番組向上機構」に対して申立て−家族会・救う会(2009/05/28)   この件は、田原氏が以下の発言をした。「横田めぐみさんと有本恵子さんは生きている前提で(交渉を)...... [続きを読む]

受信: 2009/05/29 18:04

« キム・ヨナVSキム・テヒ 携帯電話CMの勝者は? | トップページ | 欧米で婚外子、40%以上に急増! 日本は2% »