« フィギュアスケートとWBCで、日韓外務大臣が祝意を交換 | トップページ | 来年末の成長率2%へ国際協力 金融サミット閉幕 »

北朝鮮、ミサイル迎撃なら再侵略戦争の砲声とみなす

北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、人工衛星名目で発射した長距離弾道ミサイルの迎撃を日本政府が検討していることに関して、

Photo_4「日本があえて迎撃する場合、最も威力のある軍事的手段によってすべての迎撃手段とその本拠地を無慈悲に粉砕するだろう」と強調した。

迎撃すれば報復するとの姿勢を、これまでより強い調子で警告したものだ。
「(迎撃は)第二次世界大戦後、六十余年ぶりに鳴らす再侵略戦争の砲声とみなす」とも断じた。(NIKKEI)

|

« フィギュアスケートとWBCで、日韓外務大臣が祝意を交換 | トップページ | 来年末の成長率2%へ国際協力 金融サミット閉幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44544644

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮、ミサイル迎撃なら再侵略戦争の砲声とみなす:

« フィギュアスケートとWBCで、日韓外務大臣が祝意を交換 | トップページ | 来年末の成長率2%へ国際協力 金融サミット閉幕 »