« 全米デビューのBoA、日本で凱旋ライブ | トップページ | 藤川ゆり八戸市議、美人すぎて世界一に!?20ミヌートス »

2009/04/09

奈良・中宮寺の金堂跡、基壇の変遷が明らかに

聖徳太子が建立したとされる中宮寺(奈良県斑鳩町)の創建時(7世紀前半)の寺域である国史跡、中宮寺跡を調査中の同町教育委員会は7日、金堂を再建・改修した変遷の状況が詳しく分かったと発表した。

Photo_2町教委は、「中宮寺の盛衰で造りが移り変わった様子がよく分かる」としている。
金堂の創建時の基壇(土台)は推定で東西約17.2m、南北14.6m。
創建時は周囲に切り石を巡らせていたが焼失し、12―13世紀に再建した際に瓦積みに、17世紀までには盛り土へと、徐々に簡素な造りに改めていた。

Photo_3金堂の建物は東西6本、南北5本の柱を2.6m間隔で並べた構造。
再建したが、柱の配置は創建時と変わらなかったとみられる。(NIKKEI 他)

Photo_4現地説明会
・町民対象 11日午後1時~同4時。 
・一般対象 12日午前10時~午後4時。
・駐車場がないので、公共交通機関で
・少雨決行。

" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

|

« 全米デビューのBoA、日本で凱旋ライブ | トップページ | 藤川ゆり八戸市議、美人すぎて世界一に!?20ミヌートス »

コメント

堂々とした法隆寺伽藍に対して、こじんまりと優美な中宮寺。
ともに幾多の変遷を経てきたのでしょうね。

投稿: 大滝三千夫 | 2009/04/09 18:42

> 管理人様

かつて、奈良に行った際に行ってきました。
今の伽藍は、正直ただの、国宝を守るための覆いに過ぎませんが、当初の状況が分かるというのは良いですね。

投稿: tenjin95 | 2009/04/09 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・中宮寺の金堂跡、基壇の変遷が明らかに:

» 奈良寺院旅行顛末記2 旧斑鳩御所 中宮寺 [つらつら日暮らし]
管理人が、奈良法隆寺の隣にある中宮寺に行ってきた紀行文を書いています。 [続きを読む]

受信: 2009/04/09 17:32

« 全米デビューのBoA、日本で凱旋ライブ | トップページ | 藤川ゆり八戸市議、美人すぎて世界一に!?20ミヌートス »