« WBC 日本、苦手・韓国を圧倒! 2次ラウンド切符を手に | トップページ | 漆間巌官房副長官の自民には及ばぬ発言、民主が追及へ »

岩倉具視あて書簡発見 西郷隆盛・伊藤博文らの自筆

明治政府の最高指導者岩倉具視(1825-83年)にあてて西郷隆盛大久保利通伊藤博文ら明治の元勲が送った書簡、意見書など、新発見とみられる千数百点の文書が現存していることが7日、三沢純熊本大准教授、藤井譲治京大教授、佐々木克奈良大教授らの調査で分かった。

Photo_4明治新政府をめぐる文書類は出尽くしたとされており、新史料の大量発見は極めて珍しい。
政権中枢にいた岩倉具視の元に各地から多様な情報が集まり、諸政策が決定された過程を裏付ける重要なもので、激動の幕末・明治史の空白を埋める新たな事実の確認が期待される。

文書は海の見える杜美術館(広島県廿日市市)が約20年前に購入し、未公開のまま所蔵。三沢准教授らが昨年から3年計画で調査を始めた。全部で約1700点あり、このうち約8割を新出史料と推定している。

Photo_3書簡類は1868(慶応4、明治元)年から岩倉が死去する83年までに東京で受け取ったとみられる。
詳細は未解読だが、新出とみられる伊藤の自筆が68通、岩倉の書簡草稿も128通、三条実美の書簡も429通あった。

既に存在が知られている大久保利通の書簡の原本も191通見つかった。

さらに西郷吉之助と署名された書簡も新出とみられ、西郷が戊辰戦争の指揮内容を報告しているのをはじめ、貨幣の不足を訴え信州で一揆が起こったとする報告書、追加鋳造を決めた政府文書など多岐にわたっている。

政権最高位の太政大臣/三条実美あての書簡もあり、ナンバー2の右大臣だった岩倉が判断を委ねられ、保管していたとみられる。

|

« WBC 日本、苦手・韓国を圧倒! 2次ラウンド切符を手に | トップページ | 漆間巌官房副長官の自民には及ばぬ発言、民主が追及へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44282875

この記事へのトラックバック一覧です: 岩倉具視あて書簡発見 西郷隆盛・伊藤博文らの自筆:

« WBC 日本、苦手・韓国を圧倒! 2次ラウンド切符を手に | トップページ | 漆間巌官房副長官の自民には及ばぬ発言、民主が追及へ »