« インド政府、マハトマ・ガンジーの遺品競売に待った | トップページ | 建仁寺の十一面観音座像窃盗で、阿部逸男を逮捕 »

中国で食品安全法成立 信頼回復へ監督・罰則強化

中国の全国人民代表大会(国会)常務委員会は28日、「食の安全」確保に向けた新たな食品安全法を可決した。国務院(政府)に食品安全委員会を新設し、食品生産への監督や罰則を強化する。

Photo_2冷凍ギョーザ事件などで広がった食への不安を鎮め、消費者の信頼回復に努める狙いだ。
食品安全法6月1日に施行する。最終製品や添加物だけでなく、原材料に使う農薬や肥料まで幅広く検査。

生産業者に第一の責任があると定め、違法業者への罰則強化が盛り込まれた。また、有名人が広告出演した食品に問題があった場合は、出演者にも連帯責任を負わせることにした。(asahi.com)

|

« インド政府、マハトマ・ガンジーの遺品競売に待った | トップページ | 建仁寺の十一面観音座像窃盗で、阿部逸男を逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44208882

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で食品安全法成立 信頼回復へ監督・罰則強化:

« インド政府、マハトマ・ガンジーの遺品競売に待った | トップページ | 建仁寺の十一面観音座像窃盗で、阿部逸男を逮捕 »