« 東北新幹線、新型車両E5系を発表 320km/h国内最高速 | トップページ | 日本、フィンランドに大勝 キリン・チャレンジカップ »

三菱自動車、パリ~ダカール・ラリーから撤退

三菱自動車は4日、ダカール・ラリーから撤退することを明らかにした。撤退の理由について、三菱自動車は「世界的な経済環境の悪化に伴い、経営資源の選択と集中を一層推進する必要があるため」と説明している。

Photo_7ダカール・ラリーは欧州をスタート、北アフリカの砂漠地帯を走るオフロード競技で、当初はパリをスタート、セネガルのダカールをゴールにすることが多かったため、パリ~ダカール・ラリー(通称パリ・ダカ)と呼ばれた。

昨年はテロの脅威のために中止。今大会は南米を舞台にして行われた。

三菱は83年にパジェロで初参戦し、85年には日本車として初めて総合優勝を果たし、パジェロで通算12回の優勝を飾った。

今年はマシンをレーシングランサーに変更、8大会連続優勝を目指したが、6位が最高。日本人選手では97年大会で篠塚建次郎、02、03年に増岡浩がパジェロで総合優勝を果たしている。

三菱は全てのメーカー参加によるモータースポーツ活動を終了、富士重工/スバル、スズキが世界ラリー選手権から昨年限りで撤退した為、日本メーカーのサーキット外でのモータースポーツへの参加がなくなった。

「今日になって聞いた。三菱として26回も連続出場してきただけにとても残念だが、経営環境の問題で、会社のトップの判断なので仕方がない。個人チームでダカールに出る可能性もあるが、三菱で市販車の開発テストなどを続けることになるだろう。2度も頂点に立たせてくれた素晴らしいチームだった」増岡浩。(YOMIURI ONLINE)

|

« 東北新幹線、新型車両E5系を発表 320km/h国内最高速 | トップページ | 日本、フィンランドに大勝 キリン・チャレンジカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43955099

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自動車、パリ~ダカール・ラリーから撤退:

» 今度は三菱がダカールラリーから撤退 [TORACCHO'S ROOM E-Package]
ホンダのF1撤退、スバルのWRC撤退に続き、三菱自動車が今年の大会をもってダカールラリーから撤退することになりました。 三菱は'83年に初参戦して以来、いろいろと事件があろうとも26回出場して7大会連続を含む通算12回の総合優勝を果たし、篠塚建次郎氏が'9..... [続きを読む]

受信: 2009/02/04 19:55

» 三菱がパリダカ撤退、モータースポーツ負の連鎖! [海外スポーツアラカルト、そして時々国内スポーツ]
リコール騒動のときも、これだけは守っていたパリダカから三菱が撤退することになった。 ホンダにはじまり、スズキ、スバル、カワサキとモータースポーツからの撤退企業が続出している。 これで負の連鎖は終りにしてほしいが、、、... [続きを読む]

受信: 2009/02/05 09:22

» 【ラリー】負の連鎖、三菱がダカールから撤退 [【本音トーク】 EVOLUTION ]
三菱自動車は、世界一過酷なモータースポーツといわれるダカール・ラリーに自社のチームで参戦するワークス活動を終了すると発表しました。理由は、他の自動車メーカーと同様、世界的な経済情勢の悪化による販売不振で、低燃費技術や電気自動車の開発に経営資源を集中する必要があるとのことです。 三菱にとって見れば、リコール騒動で2005年にWRCからのワークス撤退を表明した際も、「ダカールラリー」はワークス参加を継続した、言ってみれば三菱のラリー活動の聖域だったと思います。モータースポーツは「走る実験室」と言われ、... [続きを読む]

受信: 2009/02/05 12:39

» 2.4 夜/ 「渡り」規制困難。飯島愛、死因は肺炎。三菱自動車、ダカールラリーから撤退 [地球の日記☆マーク♪のblog☆]
<衆院予算委>あっせん以外の「渡り」規制困難…麻生首相 2月4日20時49分配信 毎日新聞  麻生太郎首相は4日の衆院予算委員会で、官僚OBが天下りを繰り返す「渡り」に関して「退職してすでに民間の方々に『いかがなものか』と言うのは難しい。退職者同士の人脈(を使っ... [続きを読む]

受信: 2009/02/05 15:14

» 2月4日の出来事 [もぅ新聞紙ゎ要らない]
渡り年内廃止へ 立ちはだかるミスター 谷人事院総裁 2月4日8時1分配信 産経新聞  「内閣人事・行政管理局」への機能移管をめぐり、政府と徹底対立している人事院。そのトップである谷公士総裁(68)は平成13年に郵政事務次官を退任後、財団法人などを渡...... [続きを読む]

受信: 2009/02/05 15:15

« 東北新幹線、新型車両E5系を発表 320km/h国内最高速 | トップページ | 日本、フィンランドに大勝 キリン・チャレンジカップ »