« 玉置浩二、石原真理子との結婚を宣言 | トップページ | 新宇宙飛行士候補に、大西卓哉さんと油井亀美也さん »

海面が急上昇する副振動現象が、九州4県で発生

湾内や港で短時間に海面が急上昇する副振動の現象が24日夜から25日にかけて、長崎、熊本、鹿児島、宮崎の九州4県で発生した。

Photo_3長崎市や鹿児島県十島村では約160cmの昇降幅。
鹿児島県内で小型の船19隻が転覆したほか、同県薩摩川内市や熊本県天草市では住宅に浸水被害が出た。

長崎海洋気象台は、「数日間は副振動が起きやすい気圧配置が続く」とみており、注意を呼び掛けている。

鹿児島県危機管理防災課によると、19隻は上甑かみこしき島やいちき串木野市、南さつま市の漁港などで転覆した。他にも10隻のいかりが切れた。大半は係留中で急激な海面の上昇が原因とみられる。

Photo_2上甑島の瀬上地区では25日朝、海面上昇で川があふれて住宅8棟が床下浸水。車10台が水に漬かった。
同島ではマグロのいけすも壊れた。

熊本県危機管理・消防防災総室に天草市から入った連絡によると25日午後6時までに、天草市河浦町崎津で1棟が床上浸水、7棟が床下浸水する被害があった。

鹿児島地方気象台によると、枕崎港では24日午後11時15分からの12分間に海面が143cm、宮崎県日南市の油津港でも約70cmの昇降幅があったという。副振動は九州の南海上を前線や低気圧が通る際、湾内や港で起きることが多いという。

★副振動とは
潮の干満や高潮、津波とは別に、東シナ海など遠洋の気圧変動で潮位が大きく上下する現象。あびきとも呼ばれ、3月によく起きる。特に海岸線が長い長崎港で知られ、長崎海洋気象台は今年も1月27日に注意を呼び掛けていた。
同気象台はホームページで、「長方形の容器に水を入れ、一方の端を持ち上げて少し傾けてから元に戻すと、しばらく水全体が左右に振動するのと同じ現象」と説明している。(西日本新聞 他)から抜粋

|

« 玉置浩二、石原真理子との結婚を宣言 | トップページ | 新宇宙飛行士候補に、大西卓哉さんと油井亀美也さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44183193

この記事へのトラックバック一覧です: 海面が急上昇する副振動現象が、九州4県で発生:

« 玉置浩二、石原真理子との結婚を宣言 | トップページ | 新宇宙飛行士候補に、大西卓哉さんと油井亀美也さん »