« 海面が急上昇する副振動現象が、九州4県で発生 | トップページ | 小沢一郎氏の在日米軍削減発言を批判、麻生太郎首相 »

新宇宙飛行士候補に、大西卓哉さんと油井亀美也さん

宇宙航空研究開発機構は25日、国際宇宙ステーション/ISSに搭乗する新たな宇宙飛行士候補として、全日本空輸/ANA運航本部の大西卓哉さん33と防衛省航空幕僚監部の油井亀美也きみやさん39を選んだと発表した。

Photo大西卓哉さんと油井亀美也さんは、ともにパイロット出身。宇宙機構の宇宙飛行士候補の選考は10年ぶりで計10人(退職した毛利衛さんを含む)となった。
補欠1人を選ぶ予定だが、公表はしない。

2人は4月に宇宙機構に入り、筑波宇宙センターや米航空宇宙局/NASAで約2年間、基礎訓練を受けた後、正式な宇宙飛行士になる。

Photo_2さらに専門の訓練を積み重ね、早ければ13年末にもISSに最長6カ月程度滞在し、ISSの運用や宇宙実験を担当することになる。

ISSは今年5月にも現在の3人から6人態勢になり、日本人が搭乗する機会が増える。このため、宇宙機構は健康問題などで飛行士の不足が出れば、補欠の1人を候補者とする。

大西さんは東京都生まれ。98年に東京大工学部を卒業し、ANAに入社、国内線・国際線のパイロットを務めている。
油井さんは長野県生まれ。92年に防衛大(理工学専攻)を卒業、航空自衛隊に入り、パイロットとして戦闘機に乗り組むなどしている。
パイロット資格所持者が宇宙飛行士候補になったのは初めて。

記者会見で大西さんは、「飛行士とパイロットの適性は似ているのではないか」と自信をのぞかせる一方で、「これからの人生を考えると身が引き締まる思い」と緊張した表情であいさつした。95年に公開された映画アポロ13を見て、宇宙飛行士を意識したという。
油井さんは、「皆さんの期待を裏切らないようにしたい」と話した。

宇宙飛行士選考は5回目。過去最高の963人が応募、2次選考を終えて10人(うち女性1人)が最終審査に残っていた。(asahi.com)

 

|

« 海面が急上昇する副振動現象が、九州4県で発生 | トップページ | 小沢一郎氏の在日米軍削減発言を批判、麻生太郎首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44187687

この記事へのトラックバック一覧です: 新宇宙飛行士候補に、大西卓哉さんと油井亀美也さん:

» 宇宙関連ニュース JAXAが2人の新たな日本人飛行士を発表 [本質]
2人の新たな日本人宇宙飛行士が決定 (JAXAから転載) (JAXAから転載) [続きを読む]

受信: 2009/02/27 13:14

» 大西卓哉のこと [今日の雑感]
大西卓哉とははてなより -- 日本の宇宙飛行士。 2009年2月25日、JAXAが油井亀美也ともに選抜と発表。 元・全日本空輸パイロット。 1998年、東京大学工学部航空宇宙工学科卒。 ブログから検索 宇宙飛行士候補者に選ばれた川上村出身の油井亀美也さん(右)と...... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 16:22

« 海面が急上昇する副振動現象が、九州4県で発生 | トップページ | 小沢一郎氏の在日米軍削減発言を批判、麻生太郎首相 »