« 岩永峯一元農相、献金記さず宗教法人から6000万円 | トップページ | 遅刻の言い訳(実は嘘)ランキング »

中国の環境汚染 5%の新生児が先天性身体的欠陥

昨年11月、新華網が中国で毎年誕生する2000万人の新生児のうち、5%にあたる100万人は何らかの障害を持って生まれて来ると報道。
30秒に1人、先天性の身体的欠陥のある新生児が中国で誕生しているという事実は、世界に大きな衝撃を与えた。

今年1月末、その原因は、「悪化する環境汚染にある」と国家人口・計画生育委員会(NPFPC)が発表した。
特に障害児誕生率の高い8つの地域で無料の妊娠前検査を行なった結果、化学廃棄物汚染が大きな要因になっていることが判明。

南京大学医学院付属楼鼓病院の教授も、これまでの研究・調査の結果、先天性欠陥が引き起こされる10%の要因は環境汚染だと指摘している。

国営新聞チャイナ・デーリーのサイトには、「専門家が再三警告してきたのに無視してきた結果、新生児たちが代償を払うはめになった」という意見や、
「国が、欧米諸国が、みんなが利用してるものを生産しているのだから、今更仕方ない」というコメント、「妻が妊娠したら故郷に戻そうと計画しているので驚愕している。でも、事実なんだろうな」という書き込み等があった。

世界的な景気の悪化も深刻だが、環境汚染もギリギリのところまできていることは無視できない。しかし、貧困地区では「これから生まれる人間よりも、今生きている人間」の生活を優先させてしまいがちなので、劇的な改善は期待できなさそうだ。

黄砂のように中国の化学廃棄物汚染が近隣諸国の妊婦たちに悪影響を与える日がくるのではないかと思うと、背筋が寒くなる。(China Daily)から抜粋


|

« 岩永峯一元農相、献金記さず宗教法人から6000万円 | トップページ | 遅刻の言い訳(実は嘘)ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/44052103

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の環境汚染 5%の新生児が先天性身体的欠陥:

« 岩永峯一元農相、献金記さず宗教法人から6000万円 | トップページ | 遅刻の言い訳(実は嘘)ランキング »