« 大相撲優勝力士フレーム切手を発売 白鵬 朝青龍… | トップページ | 桑田真澄氏、早稲田大大学院スポーツ科学研究科に合格 »

インドネシア人介護福祉士候補者101人、福祉現場へ

日本とインドネシアとの経済連携協定/EPAに基づき、昨年8月に来日したインドネシア人の介護福祉士候補101人が27日、半年間の日本語研修の修了式に臨んだ。
28日にそれぞれ勤務先の福祉施設に移り、補助的な仕事をしながら勉強して、3年後の国家試験合格を目指す。

Photo_2介護福祉士候補者たちは、横浜と大阪の施設に分かれて研修を受けてきた。
この日、横浜市の海外技術者研修協会横浜研修センターでは45人が式典に臨んだ。
候補者を代表して、エカさん23が、「(日本語が)最初は何も読めず、書けなかったが、今はだいぶわかるようになった。これから一生懸命、明るく元気に働きたい」と日本語で挨拶した。

101人は、29日から全国の特別養護老人ホームや介護老人保健施設など51カ所で働き始める。元々日本語を話せる3人は、既に2施設で働いている。

候補者たちは、国家試験の受験に必要な3年の実務経験を積み、12年の試験の合格を目指す。合格すれば国内で働き続けられるが、不合格なら帰国しなければならない

介護福祉士候補とともに来日し、同様に日本語研修を受けている看護師候補104人は、2月12日に勤務先に移る予定だ。(asahi.com)から抜粋

フィリピンからも、今春から2年間で計1000人を受け入れることが決まっており、第1陣が4月末にも来日する。


|

« 大相撲優勝力士フレーム切手を発売 白鵬 朝青龍… | トップページ | 桑田真澄氏、早稲田大大学院スポーツ科学研究科に合格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43884811

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア人介護福祉士候補者101人、福祉現場へ:

« 大相撲優勝力士フレーム切手を発売 白鵬 朝青龍… | トップページ | 桑田真澄氏、早稲田大大学院スポーツ科学研究科に合格 »