« 東京都、インフルエンザの流行警報発令 | トップページ | 渡りは認めない!やっと目が覚めた麻生さん »

リレンザなどで異常行動の恐れ 厚労省が注意喚起

インフルエンザ治療薬のリレンザ(一般名ザナミビル)とシンメトレルなど(同アマンタジン)について、厚生労働省は29日、小児や未成年者が服用した場合に異常行動を起こす恐れがあるとして、メーカーに対し、医療機関への注意喚起を徹底するよう指示した。

Photo_3厚労省は07年12月にも同様の通知を出したが、今季は治療薬タミフル(同オセルタミビル)に耐性を持つウイルスの流行が報告され、リレンザなどの処方が増える可能性があるとして、改めて注意を促す。

服用後2日間は保護者が見守ることを呼びかけるよう求めている。

異常行動の報告は昨年3月末までにタミフルで313人、リレンザ57人、シンメトレルなど10人。
タミフルは07年3月から10代の患者への処方が制限されている。

リレンザをめぐっては、処方された長野県の男子高校生が集合住宅の駐車場で死亡しているのが今年1月27日に見つかり、転落したとみられているが、服用の有無は不明という。

|

« 東京都、インフルエンザの流行警報発令 | トップページ | 渡りは認めない!やっと目が覚めた麻生さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43897294

この記事へのトラックバック一覧です: リレンザなどで異常行動の恐れ 厚労省が注意喚起:

» リレンザに注意喚起? [いい加減社長の日記]
リレンザもですか。 長野県松本市で県立高校2年の男子生徒が転落死した事故で、男子生徒にインフルエンザ治療薬「リレンザ」が処方されていたことが29日、厚生労働省の調査で分かったそうです。 同省は同日、リレンザなど薬使用の有無にかかわらず、未成年者のインフルエ... [続きを読む]

受信: 2009/01/30 06:30

« 東京都、インフルエンザの流行警報発令 | トップページ | 渡りは認めない!やっと目が覚めた麻生さん »