« 漢検協会、6億円豪邸を購入 文科省が公益性調査 | トップページ | 若麒麟、大麻所持で現行犯逮捕 »

はやかけん:地下鉄ICカードで和田毅投手が通行実験

福岡市営地下鉄のICカード乗車券はやかけん導入を前に、地下鉄天神南駅で29日、導入開始日の3月7日までの残り日数を表示したカウントダウンボードの除幕式があった。

Photo_3はやかけんは、改札機の読み取り部分にかざすだけで専用の機械がデータの読み取り・書き込みを行い、改札口を通ることができる。

10年春からは、JR九州や西鉄などとの相互利用が始まる。
ボードの除幕式には、吉田宏市長と地下鉄イメージモデルの福岡ソフトバンクホークス和田毅投手らが出席。

和田毅投手が、「地下鉄がもっと便利になり、一市民としてうれしい」とあいさつ。式後には、PRチラシを折り込んだティッシュを地下鉄利用者に配り、活用を呼びかけた。

★問合せ→地下鉄テレホンセンター 092 734 7800


|

« 漢検協会、6億円豪邸を購入 文科省が公益性調査 | トップページ | 若麒麟、大麻所持で現行犯逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43903804

この記事へのトラックバック一覧です: はやかけん:地下鉄ICカードで和田毅投手が通行実験 :

« 漢検協会、6億円豪邸を購入 文科省が公益性調査 | トップページ | 若麒麟、大麻所持で現行犯逮捕 »