« 米駐日大使にジョセフ・ナイ氏 オバマ新政権 | トップページ | ケンちゃんのパパ、牟田悌三さん死去 »

かんぽの宿譲渡 鳩山邦夫総務相、日本郵政事情聴取

日本郵政がかんぽの宿70施設をオリックスグループに一括譲渡を決めた問題で、鳩山邦夫総務相は9日午前の記者会見で、「来週初めにも日本郵政から譲渡の経緯など詳しく事情を聴きたい」との考えを示した。

Photo一方、民主党はオリックスグループの宮内義彦最高経営責任者/CEOを衆院予算委員会に参考人招致するように求めた。

鳩山邦夫氏は記者会見で、宮内義彦氏が議長を務めた政府の規制改革・民間開放推進会議(現・規制改革会議)が、平成16年8月の中間報告で、「公的宿泊施設の廃止、または民営化」を盛り込んでいた事実を指摘。

Photo_3「私は『李下に冠を正さず』と言っている。宮内氏は直接タッチした事柄から身を引き、遠くから改革を見守るべきだ。法的な問題ではなく倫理の問題だ」。
また、鳩山氏は「経済状況は厳しいが、必ず変わる。景気が上昇する中で売却を考えるのが当然だ」と述べ、譲渡は時期尚早だとの認識を示した。

Photo_4一方、9日午前の衆院予算委員会では、民主党の枝野幸男衆院議員が、「オリックスが応札したこと自体が理解不能だ」と述べ、譲渡契約を問題視。鳩山氏の主張について、「良識ある発言だ」と賛意を示した。

かんぽの宿は郵政民営化にあたり、24年9月までに民間譲渡または廃止が法律で決まった。これを受け、日本郵政は昨年4月に一括売却に向け、公募を行い、27社が応札。2度の入札の末、昨年12月にオリックスへの売却が決まった。売却額は109億円だったとされている。

|

« 米駐日大使にジョセフ・ナイ氏 オバマ新政権 | トップページ | ケンちゃんのパパ、牟田悌三さん死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43686290

この記事へのトラックバック一覧です: かんぽの宿譲渡 鳩山邦夫総務相、日本郵政事情聴取:

» [かんぽの宿]そういうのは「後出しじゃんけん」という [BBRの雑記帳]
かんぽの宿、全体をならすと毎年赤字を垂れ流している事業で、売却することは前総務相 [続きを読む]

受信: 2009/01/14 01:46

« 米駐日大使にジョセフ・ナイ氏 オバマ新政権 | トップページ | ケンちゃんのパパ、牟田悌三さん死去 »