« キム・ヨナ帽、韓国LG球団のベストヒット・グッズに | トップページ | 小林麻耶アナ、3月TBS退社しフリーに転身 »

まいど1号、宇宙へ H2Aロケット打ち上げ成功

東大阪市の中小企業が開発した小型人工衛星まいど1号が、温室効果ガス観測技術衛星いぶきなどとともに、23日午後0時54分、鹿児島県の宇宙航空研究開発機構・種子島宇宙センターから、H2Aロケット15号機で打ち上げられた。

PhotoH2Aの打ち上げ成功は9回連続となった。

まいど1号は、打ち上げから約33分後、高度689㌔で分離され、軌道に投入されたとみられる。分離信号も確認した。毎秒7.5㌔の速さで地球の周りを1周約1時間半で回りながら、予報システムの実用化に向けて、雷などの観測を行う予定。運用期間は3カ月を見込んでいる。

Photo_2まいど1号の開発は、町工場に若者や活気を呼び戻そうと、中小企業9社でつくる東大阪宇宙開発協同組合(今村博昭理事長)が中心になり、02年から進めてきた。宇宙航空研究開発機構や大阪府立大なども協力してきた。

雷発生時に生じる電磁波を捕らえる雷観測用センサーのほか、地球の地磁気を測る磁気センサー、太陽の方向を見つけることで姿勢制御を目指す太陽センサーなどが、搭載されている。打ち上げ後は、大阪府立大で衛星の運用管制を行う。

H2A15号機打ち上げの主目的となるいぶきは、大気中の二酸化炭素(CO2)やメタンの濃度を宇宙から監視する衛星だ。宇宙機構や環境省などが開発した。約5万6千地点で測定する。打ち上げから約16分後に分離した。

今回の打ち上げでは、ロケットのすき間に相乗りをさせてもらう形で、まいど1号など七つの小型衛星が搭載された。香川大のSTARS/愛称KUKAIは、2個の超小型衛星をひもでつないだ親子型衛星で、宇宙空間でひもを伸ばしてランデブーの実験を行う予定だ。(asahi.com)から

|

« キム・ヨナ帽、韓国LG球団のベストヒット・グッズに | トップページ | 小林麻耶アナ、3月TBS退社しフリーに転身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43839261

この記事へのトラックバック一覧です: まいど1号、宇宙へ H2Aロケット打ち上げ成功:

» [まいど1号]でもやっぱり商品券の方が... [BBRの雑記帳]
ここに至るまでにはいろいろと紆余曲折があったようでありますが、ともかくロケットに [続きを読む]

受信: 2009/01/24 20:17

» ”まいどっ、おおきに!”な「まいど1号」 [時評親爺]
話題は東大阪の「まいど1号」である(汗)。”んまいどぉっ、おおきにっ!”なのであるから、「まいど1号」である(意味不明汗)。要はこちらの23日付エキサイトニュース・共同配信とか同付IZAニュースにあるので(後者IZAの方が詳しい)、細かい部分は報道に任せることにする。「まいど1号」自体の打ち上げ費用はタダだったらしいが、前掲”まいどっ!”な公式サイトを見ると、技術的な部分は判らないけれども「まいど1号」の開発にはかなりのお銭が掛かっていると見受けられる(汗)。当該サイト(トップページ)には「夢を打ち... [続きを読む]

受信: 2009/01/25 10:32

« キム・ヨナ帽、韓国LG球団のベストヒット・グッズに | トップページ | 小林麻耶アナ、3月TBS退社しフリーに転身 »