« 膳場貴子アナウンサー、2度目の離婚 ニュース23 | トップページ | 東大大学院の寮に大麻樹脂、アルフォンソ・カブレラ密輸 »

2009/01/22

チェ28歳の革命 スティーヴン・ソダーバーグ監督

半世紀前のキューバ革命を、フィデル・カストロとともに戦ったアルゼンチン出身の医師チェ・ゲバラ

28チェ28歳の革命は、ゲバラ率いる革命軍が、1956年12月にキューバに上陸してから59年1月に首都ハバナに進軍するまでの、ジャングルでのバチスタ政府軍との激しい攻防を描き出す。

そこに、革命成功後の64年、国連総会に政府代表としてゲバラが出席した時の模様と、その際に受けたテレビ局のインタビューが挿入されている。

全編を通して、ソダーバーグ監督は観客を高揚させる英雄物語の手法ではなく、革命家ゲバラの日常を等身大に、ドキュメンタリのように淡々と追っている。

Photo_3司令官ゲバラはストイックだ。
己だけでなく部下をも厳しく律する。

革命軍がハバナへ進撃していく時、バチスタ政府軍の車を戦利品としている乗り回している部下を諄々と戒めた。
キューバ革命をやり遂げたゲバラは、次なる革命のためにボリビアへ
……『チェ39歳別れの手紙』で。

    チェ 39歳別れの手紙、28歳の革命から暗転

    私は貝になりたい 中居正広&仲間由紀恵版

|

« 膳場貴子アナウンサー、2度目の離婚 ニュース23 | トップページ | 東大大学院の寮に大麻樹脂、アルフォンソ・カブレラ密輸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェ28歳の革命 スティーヴン・ソダーバーグ監督:

» チェ 28歳の革命 [5125年映画の旅]
アルゼンチンの青年、エルネスト・ゲバラは、メキシコで出会った革命家カストロに共鳴し、彼の故国キューバを支配するバティスタ政権を打倒するために戦う事を決意をする。バティスタ政権との長い戦いの中で、ゲバラは親しみを込めて「チェ」と呼ばれるようになり、歴史に....... [続きを読む]

受信: 2009/01/23 07:49

» 劇場鑑賞「チェ28歳の革命」 [日々“是”精進!]
 「チェ28歳の革命」を鑑賞してきました2009年1作目!!!革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編。ゲリラ戦士としての旅立ちからキューバ革命成功までの若き日々を追う。英雄として偶像化せず、“真実の”ゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督は...... [続きを読む]

受信: 2009/01/23 07:51

» 映画 【チェ 28歳の革命】 [ミチの雑記帳]
試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。 チェ・ゲバラは、その変わった名前とTシャツなどの図柄で知らない人はいないと思いますが、彼がどのよう... [続きを読む]

受信: 2009/01/23 08:45

» チェ 28歳の革命 [Akira's VOICE]
程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。   [続きを読む]

受信: 2009/01/23 10:31

» チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙 [我想一個人映画美的女人blog]
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバーグ監督来日試写{/light/} スティーヴン・ソダーバーグの映画って昔の『セックスと嘘とビデオテープ』は好きだったけど 最近はエンターテインメント的な映画よりも、社会派と言われる作品が多い。 (『オーシャンズ』シリーズは娯楽作品だけ... [続きを読む]

受信: 2009/01/23 17:36

» 「チェ 28歳の革命」 判断保留 [はらやんの映画徒然草]
チェ・ゲバラ。 顔は知っている、街で売られているTシャツにその顔がプリントされて [続きを読む]

受信: 2009/01/24 05:53

» チェ 28歳の革命 [欧風]
土曜、イオン下田での映画観賞、1本目が「感染列島」。 2本目に観たのが、[続きを読む]

受信: 2009/01/24 07:05

» 映画:チェ 28歳の革命 [よしなしごと]
 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。)... [続きを読む]

受信: 2009/01/24 11:18

» ★★★★ 『チェ 28歳の革命』 [映画の感想文日記]
2008年。アメリカ/フランス/スペイン。CHE :PART ONE.   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  ベニチオ・デル・トロ主... [続きを読む]

受信: 2009/01/24 23:13

» 「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル・トロの執念が詰まったような、渾身の一作になっています。  1955年。中南米諸国を旅して、圧政による国民の窮状を目にしてきたアルゼンチン人の青年医師、エルネスト(ベニチオ・デル・トロ)は、メキシコでキューバの反体制活動家、フィデ... [続きを読む]

受信: 2009/01/26 18:27

» 「チェ 28歳の革命」大国に屈しない政府樹立のために戦った革命家の前章 [オールマイティにコメンテート]
「チェ 28歳の革命」は1957年のキューバ革命の指導者フィデル・カストロの片腕として参加したチェ・ゲバラの28歳の時の革命に参加した軌跡を描いたストーリーである。東西冷戦時代のキューバにおいて軍事政権に弾圧されたキューバを救おうと革命運動に参加したチェ・...... [続きを読む]

受信: 2009/02/04 23:41

« 膳場貴子アナウンサー、2度目の離婚 ニュース23 | トップページ | 東大大学院の寮に大麻樹脂、アルフォンソ・カブレラ密輸 »