« 斎藤佑樹、40勝を意識 メジャーは30歳までに?もっと早く! | トップページ | 韓国企業の土地買収進む対馬、超党派議連が視察 »

2008/12/21

伊藤若冲の屏風を発見 鯨と象を描いた晩年の傑作

江戸中期の画家、伊藤若冲が晩年に描いた屏風の大作が北陸地方の旧家から見つかったことが20日分かった。という巨大動物を対比させる奇想の画面で、専門家は晩年の傑作と高く評価している。

Photo屏風は左右一対で片側が縦159cm、横354cm。
波打ち際を隔てる形で、右隻に白いが座り、左隻には潮を吹き上げる黒いが水墨で描かれている。

北陸地方の旧家の納戸にしまわれていたのを今年8月、訪れた美術関係者が発見。

Photo_2滋賀県甲賀市の私立美術館MIHO MUSEUM館長の辻惟雄・東大名誉教授が、波の表現や署名、印などから伊藤若冲作と鑑定した。

80歳ごろの作品とみられる。(北海道新聞)

|

« 斎藤佑樹、40勝を意識 メジャーは30歳までに?もっと早く! | トップページ | 韓国企業の土地買収進む対馬、超党派議連が視察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤若冲の屏風を発見 鯨と象を描いた晩年の傑作:

« 斎藤佑樹、40勝を意識 メジャーは30歳までに?もっと早く! | トップページ | 韓国企業の土地買収進む対馬、超党派議連が視察 »