« 伊藤若冲の屏風を発見 鯨と象を描いた晩年の傑作 | トップページ | NON STYLE/ノン スタイルが優勝 M-1グランプリ »

韓国企業の土地買収進む対馬、超党派議連が視察

対馬市で韓国資本による不動産購入が相次いでいるとして、自民・民主両党を中心とした超党派の国会議員団が20日、現地を視察。安全保障と離島振興の二つの観点からの対策が必要との認識を深めた。

Photo_3財部市長と県議団は、国境地域の離島振興策を目的とした特別措置法の制定などを訴え、要望書を手渡した。

視察したのは、真・保守政策研究会顧問で無所属の平沼赳夫元経済産業相、日本の領土を守るため行動する議員連盟会長の山谷えり子参院議員、長崎県の谷川弥一山田正彦両衆院議員ら計11人。

議員団は韓国資本のリゾート施設が隣接する海上自衛隊対馬防備隊(美津島町竹敷)を訪問。

Photo_4隣接する宿泊施設では、真珠養殖跡地を韓国資本が購入して6月に開業した経緯などを大浦義光副市長が説明。支配人の金蒼國/キム・チャンクックさんが施設を案内した。

一行はこの後、上対馬町で、韓国を望む展望所や航空自衛隊のレーダー基地を訪れた。

平沼赳夫氏は、「(国の)国防意識が非常に薄い。しっかり対策を考えたい」、山谷えり子氏は、「安全保障上多くの課題があり、新法制定や対馬の活性化、産業、観光振興の観点からも議論を進めたい」と述べた。(長崎新聞 他)

|

« 伊藤若冲の屏風を発見 鯨と象を描いた晩年の傑作 | トップページ | NON STYLE/ノン スタイルが優勝 M-1グランプリ »

コメント

お地蔵さん
初めまして。
コメントを有り難うございます。

「一国の政治のレベルは、その国の国民のレベルに比例する」ということでしょうが、それでも、国民は政治家の言動をチェックしていくべきだと思います。

そうしないと、菩薩らしからぬ「負の達観」になりかねません。

投稿: 大滝三千夫 | 2008/12/23 12:51

政治家には何の責任もありません。そういう人物を国会に送った有権者が悪いのです。民主主義とはそういうものです。

投稿: 地蔵 | 2008/12/23 10:27

>麻生総理の間抜けな態度
今になって改めて痛感します。
麻生太郎という人物を総理・総裁に押し上げた自民党って何だろう、と。
先日の、就職相談に応じたふうの対応「やりたいことをハッキリさせなさい」という旨の発言も実にトンチンカン。

正論だけど、まったく今の状況を把握していません。
森喜朗さんと似たような末路を辿りそうです。

声が国民に届かないどころか、反発を招くだけです。

投稿: 大滝三千夫 | 2008/12/21 17:45

> 管理人様

以前、拙ブログでも書いたことがあるのですが、拙僧、対馬には友人の寺がありまして、この事態を非常に憂慮しております。それに対して、麻生総理の間抜けな態度。この一件を持ってしても、自民党支持が不可能になってしまいます・・・

投稿: tenjin95 | 2008/12/21 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/43482156

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国企業の土地買収進む対馬、超党派議連が視察:

» 超党派議連のこと [人気キーワードチェック!]
ブログから検索 【政治】超党派議連が対馬を現地視察!なんと韓国資本に買収された土地 ...関連スレ【政治】「真・保守研」(会長:中川昭一財務相)などの超党派議連、20日に対馬を視察…韓国資本による土地買収での安保への影響を調査 http://mamono.2ch.net/test/read...... [続きを読む]

受信: 2009/01/05 22:21

« 伊藤若冲の屏風を発見 鯨と象を描いた晩年の傑作 | トップページ | NON STYLE/ノン スタイルが優勝 M-1グランプリ »