« 堀北真希、大胆セミヌード収録の写真集S発売 | トップページ | 王貞治監督、半世紀にわたるユニホーム生活に別れ »

ラムサール条約 久米島の渓流など国内4カ所登録へ

10月28日から韓国で開かれる湿地の保護に関するラムサール条約第10回締約国会議で、沖縄県久米島の渓流など日本の4カ所の湿地が新たに登録される見通しになった。環境省が7日、中央環境審議会野生生物部会に報告した。

Photo_2新たに登録されるのは、他に宮城県の化女沼けじょぬま、山形県の大山上池おおやまかみいけ下池しもいけ、新潟県の瓢湖ひょうこ
すでに登録されている滋賀県の琵琶湖の対象地域も拡張する方針だ。

久米島の対象地域は国際自然保護連合(IUCN)や環境省のレッドリストで絶滅の可能性が特に高い絶滅危惧種1Aに分類される固有種キクザトサワヘビの生息地で、クメジマボタルなどほかの希少生物も多い。

化女沼は絶滅危惧2類の渡り鳥ヒシクイなどの越冬地、上池下池はガンカモ類などの越冬地、瓢湖はハクチョウ類などの休息地になっている。

登録湿地には、日本ではこれまでに33カ所が登録されている。(asahi.com)から

|

« 堀北真希、大胆セミヌード収録の写真集S発売 | トップページ | 王貞治監督、半世紀にわたるユニホーム生活に別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42718568

この記事へのトラックバック一覧です: ラムサール条約 久米島の渓流など国内4カ所登録へ:

« 堀北真希、大胆セミヌード収録の写真集S発売 | トップページ | 王貞治監督、半世紀にわたるユニホーム生活に別れ »