« 安藤美姫、中野友加里らが公式練習 スケートアメリカ | トップページ | 熊谷甚一、吉田寿子さんとは別の女性に多額現金 »

麻生納入の、九州新幹線の高架橋資材に異常

九州新幹線/新八代―鹿児島中央間で、04年3月の開業前、高架橋建設に使用された資材がはがれたり、浮き上がったりする異常が相次いでいたことが分かった。資材は現在も使われており、異常個所の一部は未補修のまま。

Photo_2資材の納入業者は、「①製品に問題があったかもしれない」と話しており、九州新幹線を建設した鉄道・運輸機構は、納入業者から事情を聞いている。
資材を納入したのは福岡県飯塚市の麻生(旧・麻生セメント)。

問題となっているのは、樹脂などで出来たパネル状資材(厚さ約1cm)で、橋脚の上に橋げたを設ける際、橋げたの型枠の一部として使う。

施工後も残してコンクリートの劣化を抑える製品として同社が製造、00年1月から九州新幹線の建設を請け負った建設業者に納入した。

ところが、工事中に複数か所で資材がはがれたり、浮き上がったりする異常が見つかり、建設業者が自主的に補修。

開業の約半年前に全設備の点検を行った際にも15か所で異常が見つかり、工事不良と考えた同機構は建設業者にボルトや接着剤による補修をさせた。

②麻生によると、開業直前にほかにも異常が見つかったが、作業員の手が届かないなどの理由で補修しなかった。この資材は92年に販売を始めたが、建設に使用した小学校プールではく離するなどの問題が起きた。

担当者は、「新幹線建設の現場には改良した製品を納入したが、異常が相次いだので問題があると思った」と話している。資材は02年に製造を中止したという。

同機構九州新幹線建設局は、この資材を使った橋げたの数を把握していないが、現在も多数が残っているという。

開業後にはく離が起きたという報告はないとしたうえで、「現段階では安全性に問題があるとは考えていないが、納入業者がどの程度、不具合を認識していたかについても事情を聞き、適正に対処したい」としている。

麻生は、麻生首相の実弟の泰氏が社長を務め、病院経営や不動産事業のほか、建築材料の製造販売などを行っている。(YOMIURI ONLINE)

★①②麻生は、明らかに欠陥品と認識したうえで資材を出荷している。

★「初期のトラブルの原因分析を十分行わず、販売し続けた」内部報告書

|

« 安藤美姫、中野友加里らが公式練習 スケートアメリカ | トップページ | 熊谷甚一、吉田寿子さんとは別の女性に多額現金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42890847

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生納入の、九州新幹線の高架橋資材に異常:

» アルバニアとクロアチアのNATO加盟作戦 [米流時評]
  ||| アルバニアとクロアチアのNATO加盟問題 ||| 米国が後押しするアルバニアとクロアチアのNATOメンバー国加盟問題 旧ソ連邦の脱共産圏国家をめぐるロシアと米NATO連合軍の熾烈な確執 今週は昨日まで3日間、グルジア紛争後の米国・ロシア関係の意外な進展に関して書いてきた。ライス長官やチェニー副大統領は、親米派で知られるグルジアのサアカシビリ政権の立場を支持してきたが、国務省の動きとは裏腹にペンタゴンはロシアとの直接交渉で、バルカンと並ぶヨーロッパの火薬庫であるコーカサス地... [続きを読む]

受信: 2008/10/25 15:09

» 日本が変らねばならない [よく考えよう]
円高の流れは止まらない。 一時は190円代まで上がったと言う。 現在は193円代を推移している。 [続きを読む]

受信: 2008/10/25 20:41

« 安藤美姫、中野友加里らが公式練習 スケートアメリカ | トップページ | 熊谷甚一、吉田寿子さんとは別の女性に多額現金 »