« 峰岸徹さん、肺がんのため死去 | トップページ | 森山直太朗、日光東照宮でライブ »

2008/10/13

ノーベル賞と出身大学 自然科学3賞

日本人4人の受賞が決まった今年のノーベル賞自然科学3賞では、02年の小柴昌俊(物理学)、田中耕一(化学)のダブル受賞まで9人のうち、京大、東大出身者は7人を占めたが、今年は4人のうち3人が名古屋大と長崎大

自然科学3賞の受賞者は、49年の故湯川秀樹博士に始まり、87年の医学・生理学賞を受賞した利根川進まで、京大、東大出身者が独占。00年に東工大出身の白川英樹が化学賞を受賞するまで続いた。

今年は、6年ぶりに日本人の受賞が決まったが、東大出身の南部陽一郎以外は、名大の小林誠益川敏英、長崎大の下村脩
さらに、有力候補として取り上げられる日本人研究者を見ると、「人工多能性幹(iPS)細胞」を開発した京大の山中伸弥は神戸大出身。「カーボンナノチューブ」の飯島澄男は電通大。「光触媒」の藤嶋昭も横浜国大と、バラエティーに富む。

地方大学の躍進について問われた益川は、「近年はインフォメーション(情報)の点ではどこにいても変わらない」と昔との違いを説明、「地方大学の不利な点は、研究者の層(の薄さ)にある」と課題を口にした。

ノーベル賞の歴史に詳しい東大大学院の岡本拓司准教授(科学史)は、「戦前には、東大、京大以外からも(選考当局への)推薦例はある。特色ある研究をする人は昔からいたのではないか」と指摘。「こつこつとやって新しい発見をするには、むしろ大きな組織よりもたどりやすい面もあるのかもしれない」と話している。

受賞年 賞 氏 名    出身大学 

1949 物 湯川秀樹  京大理               
1965 物 朝永振一郎 京大理               
1973 物 江崎玲於奈 東大理               
1981 化 福井謙一  京大工               
1987 医 利根川進  京大理               
2000 化 白川英樹  東工大理              
2001 化 野依良治  京大工               
2002 物 小柴昌俊  東大理               
 同   化 田中耕一  東北大工              
2008 物 南部陽一郎 東大理               
 同     小林誠   名大理               
 同     益川敏英  名大理               
 同   化 下村脩   長崎大薬
  (敬称略)

             
※物は物理学賞、化は化学賞、医は医学・生理学賞。

※南部さんは米国籍   (内外教育研究会)

|

« 峰岸徹さん、肺がんのため死去 | トップページ | 森山直太朗、日光東照宮でライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42774523

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞と出身大学 自然科学3賞:

« 峰岸徹さん、肺がんのため死去 | トップページ | 森山直太朗、日光東照宮でライブ »