« 井伊直弼、最後の書状発見  井伊美術館 | トップページ | NTT、携帯でおすすめ検索 09年にも開始 »

小沢一郎代表3選、政権交代へ最後の一戦 民主党

民主党は21日午後、都内のホテルで臨時党大会を開き小沢一郎代表66の3選を正式に承認した。

小沢一郎氏は3期目の所信表明演説で、次期衆院選について、「この一戦に政治生命を懸ける。精神的にも、肉体的にも最後の一戦だ」と述べ、政権交代実現に不退転の決意を表明した。

Photo_6菅直人代表代行61と鳩山由紀夫幹事長61、直嶋正行政調会長62はいずれも続投させ、輿石東参院議員会長71と合わせ、現執行部体制を維持した。

小沢氏は、「今こそ日本を変える時だ。強固な官僚組織に守られている自公政権ではできない」と述べ、政権交代による統治機構改革を訴えた。

また「自民党総裁は政権を投げ出すことができても、国民は生活を投げ出すことはできない」と、自民党との対決姿勢を鮮明にした。

先に発表した政権構想の骨格、新しい政権の基本政策案に基づく次期衆院選マニフェスト(政権公約)に関しては

(1)来年度予算に盛り込んで直ちに実施
(2)次期通常国会で関連法案を成立させ、2年以内に実行
(3)4年後までに段階的に実行する
とし、政策の優先順位をつけた上で、実現時期を明示する方針を示した。 (岩手日報)から抜粋

小沢氏の任期は2010年9月までの2年間

|

« 井伊直弼、最後の書状発見  井伊美術館 | トップページ | NTT、携帯でおすすめ検索 09年にも開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42547035

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎代表3選、政権交代へ最後の一戦 民主党:

» 【総選挙】麻生自民党対小沢民主党の対決/自民党総裁選終了 [【本音トーク】 EVOLUTION]
自民党の総裁選挙が終了し、麻生太郎幹事長が第23代総裁に選出されました。下馬評どおり最初の投票で351票と過半数を大きく上回る得票を得ています。ちなみに与謝野馨経済財政担当相は66票、小池百合子元防衛相は46票、石原伸晃元政調会長は37票、石破茂前防衛相は25票で、無効は2票でした。 さてこの結果、政局は一気に総選挙へ向かうことが予想されます。24日に召集される臨時国会で麻生さんは、第92代、59人目の首相に指名され、29日に新首相の所信表明演説、10月1日から3日まで衆参両院で各党の代表質問、2... [続きを読む]

受信: 2008/09/22 17:23

» 麻生氏が勝利、次は小沢さんと勝負 [三面記事の裏側]
自民党の総裁選挙が終わって、本命麻生太郎が楽勝した。次はいよいよ小沢一郎民主党と [続きを読む]

受信: 2008/09/22 17:54

« 井伊直弼、最後の書状発見  井伊美術館 | トップページ | NTT、携帯でおすすめ検索 09年にも開始 »