« タモリ/森田一義さん、赤塚不二夫さんへの弔辞 | トップページ | 小沢一郎氏、麻生太郎氏に反論「民主党はナチスと正反対」 »

海上保安庁・掃海隊の記録を初公開 朝鮮戦争

昭和25年に始まった朝鮮戦争では、海上保安庁掃海隊が、日本を占領していた連合国軍の命令で朝鮮半島沖の機雷処分に秘かに派遣された。市ヶ谷の防衛省に保管されていた当時の詳細な記録が公開され、注目を集めている。

公開されたのは、海上自衛隊が昭和36年にまとめた朝鮮動乱特別掃海史

Photo_3資料には、朝鮮戦争で当時の海上保安庁掃海隊が連合国軍の命令で、アメリカ軍を支援するため、朝鮮半島沖に派遣され、機雷の処理を行ったときの記録がまとめられている。

このうち、第一陣の部隊の指揮官の報告には、「連合国軍の要望とはいえ、軽々しく請け負って無理をすれば、かえってまずい結果になるので慎重に考慮願いたい」などと記されていて、政府に慎重な対応を求めていたことがわかる。

また、掃海隊の船が機雷に触れて爆発し、1人が死亡、18人が重軽傷を負った事故についても詳細な記録が収められている。この派遣に関する海上自衛隊の内部資料が公開されるのは今回が初めて。

「資料からは、占領期に苦悩の中で活動せざるをえなかった事実がよくわかり、戦後史を知るうえでとても意義深い」戦後の日本外交史に詳しい東洋英和女学院大学副学長の増田弘教授。

|

« タモリ/森田一義さん、赤塚不二夫さんへの弔辞 | トップページ | 小沢一郎氏、麻生太郎氏に反論「民主党はナチスと正反対」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42076101

この記事へのトラックバック一覧です: 海上保安庁・掃海隊の記録を初公開 朝鮮戦争:

« タモリ/森田一義さん、赤塚不二夫さんへの弔辞 | トップページ | 小沢一郎氏、麻生太郎氏に反論「民主党はナチスと正反対」 »