« 落語家・月亭可朝容疑者をストーカー容疑で逮捕 | トップページ | ブッシュ大統領、休暇入り延期 米軍機がグルジア着 »

東条英機元首相の直筆メモ公開 国立公文書館

太平洋戦争開戦時の首相東条英機陸軍大将が、終戦直前の45年8/10~14日に綴った手記が、国立公文書館に保管されていることが分かった。

Photo東条英機は戦争目的を「東亜安定と自存自衛」としたうえで、ポツダム宣言受諾を「敵側の隷属化に立つに至る」と綴っている。

また、敗戦理由を「敵の脅威におびえ簡単に手を挙ぐるに至るがごとき国政指導者及国民の無気魂」としながらも、開戦に及んだ指導者としての責任に触れている。

手記は、政府がポツダム宣言受諾を決めた45年8月9日の翌日の10日に首相官邸で開催された重臣会議の様子についての記載から始まり、席上、戦争目的が達成されないままポツダム宣言を受諾すれば、戦争による多くの犠牲者が死んでも死にきれない、という趣旨の発言をしたことが記述されている。

Photo_2しかし、昭和天皇の裁断で、終戦を受け入れたことを示す記述もある。11日から13日にかけては、今後の情勢分析や敗戦の原因などを綴っている。
14日には、首相時代の秘書官宛で「死をもっておわび申し上ぐる」と記し、戦犯に問われることを予期して「敵の法廷に立つごときは日本人として採らざるところ」とも記し、自殺する覚悟を綴った。

東条大将は41年10月に首相に就任したが、戦局の悪化を受けて44年7月に辞任。45年9月に自殺を図ったが、一命を取り留め、極東国際軍事裁判/東京裁判A級戦犯として死刑判決を受け、48年12月に処刑された。

手記は、東京裁判東条大将の弁護人を務めた清瀬一郎弁護士が法務省に寄贈した資料の中にあった。99年に法務省から公文書館に移管された。

東京裁判などの著書がある赤沢史朗立命館大法学部教授の話
「終戦直前の東条元首相の考えを間接的に示す資料はこれまでもあった。こうした資料に記載されていたことが、この手記で本人の考えとして明確に裏付けられた」。(日経)ほか

東条大将によると、国民や政治家が腰抜けだから戦争に負けたようだ。
   日本の指導層には情けないほどノーブルオブライジが欠けている。

|

« 落語家・月亭可朝容疑者をストーカー容疑で逮捕 | トップページ | ブッシュ大統領、休暇入り延期 米軍機がグルジア着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42160883

この記事へのトラックバック一覧です: 東条英機元首相の直筆メモ公開 国立公文書館:

» 東条英機の直筆メモ [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「終戦記念日を過ぎて」について  戦争そのものは、夢を実現しようとしてはじまった思想戦だった。敗色が決定的になって国民全体は、すでに夢からさめていたのに、東条英機は終戦まぎわまで夢をみていた、というM.FUKUSHIMAさんの見解に同調する。そのうえで、国民がよりどころとした、その開戦理由の思想について、敗戦と同時に、なんの検討も加えないで廃棄してしまった。思想戦ならば、勝敗の結果とは別に、思想の比較検討は、されてもよかったのに、勝者の報復の論理に迎合して、その迎合を60年後のいまでも継続...... [続きを読む]

受信: 2008/08/17 11:16

« 落語家・月亭可朝容疑者をストーカー容疑で逮捕 | トップページ | ブッシュ大統領、休暇入り延期 米軍機がグルジア着 »