« 福田改造内閣は官僚寄り・財政再建路線 上げ潮派一掃 | トップページ | ロシアのノーベル文学賞作家・ソルジェニーツィン氏、死去 »

2008/08/03

天才バカボンなどのギャグ漫画家・赤塚不二夫さん、死去

天才バカボンおそ松くんなどのギャグ漫画で一時代を築いた赤塚不二夫/藤雄)さんが2日午後4時55分、肺炎のため、都内の病院で死去した。享年72。

Photo46年に旧満州から引き揚げ、奈良県と新潟県で少年時代を過ごす。故手塚治虫さんの漫画に感動して漫画家を志し、中学卒業後に上京。化学薬品工場で働きながら漫画を投稿した。

56年、嵐をこえてでデビュー、故石ノ森章太郎さんらとアパートトキワ荘で暮らし、腕を磨いた。62年から少年サンデーに連載したおそ松くんが爆発的な人気を獲得。

Photo_2以後、「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」「もーれつア太郎」とたて続けにヒット作を出し、これらの漫画から生まれた「シェー」「これでいいのだ」などのせりふやポーズが大流行した。

漫画以外の分野でも、テレビ番組の司会者を務めたり、オペラ、ミュージカル、ジャズフェスティバルなどを手掛けたりした。ピアニストの山下洋輔さん、タレントのタモリさんなど交友関係も広かった。

97年日本漫画家協会文部大臣賞、98年紫綬褒章受賞。(時事)ほか

トキワ荘同窓会 まんが道 The place where manga was born

  タモリ/森田一義さん、恩人・赤塚不二夫さんとの別れ惜しむ


|

« 福田改造内閣は官僚寄り・財政再建路線 上げ潮派一掃 | トップページ | ロシアのノーベル文学賞作家・ソルジェニーツィン氏、死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天才バカボンなどのギャグ漫画家・赤塚不二夫さん、死去:

» 漫画家・赤塚不二夫氏が死去 [つらつら日暮らし]
漫画家、赤塚不二夫氏が死去しました。 [続きを読む]

受信: 2008/08/03 06:56

» 赤塚不二夫さん亡くなる [りゅうちゃんミストラル]
「天才バカボン」など数々のギャグマンガを生み出した赤塚不二夫さん。2日に肺炎のため都内の病院で亡くなった。72歳だった。がんなんかに負けないニャロメ 知人が語る赤塚さん(asahi.com)       赤塚さんは中国生まれ。漫画家が多く住んでいたトキワ荘の住...... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 07:47

» 「赤塚不二夫さん 死去」ということで [ポロと旅する~あさちゃん。と一緒]
訃報:赤塚不二夫さん死去 「おそ松くん」「天才バカボン」などの作品で人気を集めたギャグ漫画家、赤塚不二夫(あかつか・ふじお<本名・藤雄=ふじお>)さんが2日午後4時55分、肺炎のため死去した。72歳。葬儀の日取りは未定。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15..... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 09:20

» 訃報:赤塚不二夫さん死去 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
ギャグマンガの巨匠が星に…。 「天才バカボン」「おそ松くん」など、戦後ギャグ漫画を代表するヒット作で「ギャグの神様」と呼ばれた人気漫画家の赤塚不二夫さんが8月2日午後4時55分、肺炎のため都内の病院で逝去されました。享年72歳。 昭和のギャグマンガの文化を創....... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 09:31

» 漫画家 赤塚不二夫さん 死去 [王様の耳はロバの耳]
ギャグ漫画巨匠・赤塚不二夫さん死去(スポーツニッポン) - goo ニュース 漫画家赤塚不二夫さん(72歳)が昨日逝去されました。 謹んでご冥福をお祈りします。       合掌 今時まだまだ頑張れるお年でしたが赤塚さんは97年食道がんが見つかりその後手術。手術後も強いお酒を手放さず02年には検査入院中に脳内出血で意識不明になったとか。兎に角ハチャメチャな晩年を過ごしていた様です。06年には2度目の奥さんが先にお亡くなりになりその後どんな生活を送るのか人事ながら心配したものでした。 {/hiyo... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 09:40

» 赤塚不二夫氏 死去 [ZAWA talk]
「おそ松くん」「天才バカボン」などの作品で人気を集めたギャグ漫画家、赤塚不二夫(あかつか・ふじお<本名・藤雄=ふじお>)さんが2日午後4時、肺炎のため死去した。72歳。葬儀の日取りは未定。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15。喪主は長女りえ子さん。[毎日...... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 11:09

» 昭和、またひとつ消えた―赤塚不二夫さん死去 [時代のウェブログ]
<訃報>赤塚不二夫さん死去-「昭和」またひとつ消えた。 筆者の人格形成に影響を与えた人物は何人かいるが、あるいは一番強く影響を与えたのは赤塚不二夫氏かもしれないと思う。アルバムを見ると、ある一時期の写真は全て「シェー」のポーズで写っている(笑)。 「マンガばかり読んでるとバカになる」と言われたのは後の時代で、僭越ながら小学校時代に周囲よりも若干成績が優れていたのは膨大な漫画を読んだおかげだと思っている。周囲の子供たちが漫画など買ってもらえない時代に膨大な漫画を買ってくれた両親のおかげで、非常... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 11:16

» 赤塚不二夫氏逝去(「これでよくないのだ」編) [時評親爺]
ん~、あの赤塚不二夫氏が鬼籍に入った(2日付エキサイトニュース・毎日配信及び同IZAニュース)。どうやら自らが脳内出血で病床にあった時に、ご夫人が先に旅立たれていたと今朝のテレビで報じていた。そこには食道癌を患っても、自らの仕事が大事だと話し医師の進める手術を拒否したと言う故赤塚不二夫氏自らのインタビューもあった。 「ケムンパス」(毛虫キャラ)をして「ケムーン、パスパスパス・・・」と鳴かせたような記憶があるが・・・故赤塚不二夫氏の創ったキャラクターで、何と言ってもボンクラ親爺には、あの「イヤミ... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 11:30

» [訃報]赤塚不二夫さん72歳 [BBRの雑記帳]
私は「おそ松くん」よりも「バカボン」世代かな、と思いつつ、これだけ永きにわたって [続きを読む]

受信: 2008/08/03 12:01

» 赤塚不二夫さん、死去? [いい加減社長の日記]
また、昭和の光が1つ消えました。 もっと早く記事をアップしようと思ってたんですが、トラックバック先を探しながら、ついつい記事を読んでしまい^^; 長期入院先の都内の大学病院のICUで、バカボンの「パパ」が逝った。 98年に食道がんの手術をし、闘病中に車... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 13:31

» 忙しくて死んでる暇なんかないのだ!! [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
漫画家の赤塚不二夫さんが昨日なくなったとのニュース。 [続きを読む]

受信: 2008/08/03 21:07

» 赤塚不二夫さん死去 [小馬太郎兵衛@タコのイカ踊りぃっ!!]
バカボン・おそ松くん…「ギャグの神様」赤塚不二夫さん死去(読売新聞) - goo ニュース [続きを読む]

受信: 2008/08/03 22:03

» 赤塚不二夫先生逝く [しっとう?岩田亜矢那]
相当ヤバいと聞いていたので、ある程度覚悟は出来ていたのだが、 やっぱり実際に逝かれると、空虚感でいっぱいである。 「天才バカボン」は筆者のバイブルであり、勿論全巻揃っている。 これは成人してから揃えた物ではない、 小学生時代に乏しいお小遣いから、コツコツ買い揃えたのだ。 個人的には「たたえよ!鉄カブト」の話が一番のお気に入りであった。 とにかく、寂しい、悲しい、 でも赤塚先生の事、向こうでもメチャクチャやって もう、この世に帰れ!タイホするぞ!パンパン! と言われて帰って来るかも知れない。 うん... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 03:09

» レレレのレ~ [さざまるの雑記]
昨日、漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなられました。 (リンク: 下落合タイムス ア [続きを読む]

受信: 2008/08/05 10:02

» 「天才」ギャグ漫画家、赤塚不二夫さん死去。 [大阪、おおさか、OSAKA]
「天才バカボン」「おそ松くん」「もーれつア太郎」「ひみつのアッコちゃん」など、数 [続きを読む]

受信: 2008/08/05 10:36

» ★昭和漫画界の巨星、赤塚不二夫氏死去 [ブロガーAの辛口コメント炸裂]
結局、「これでいいのだ」なのか?…バカボンのパパ    昭和漫画界の巨星、赤塚不二夫氏がおととい8月2日、肺炎のため72歳で死去した。2002年に脳内出血で手術を受けて以来、闘病生活を続けていたようだ。これより....... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 11:24

» 赤塚不二夫さん、やすらかに [自由気ままに虎など ~ガンバレ!阪神タイガース]
赤塚不二夫さんがお亡くなりになられました。 数年前に脳内出血で意識不明になり、その後闘病生活を支えていた奥さんが急逝し、つい先日前妻もお亡くなりになりました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 19:46

» 赤塚不二夫さん、やすらかに [パイプの部屋]
赤塚不二夫さんがお亡くなりになられました。数年前に脳内出血で意識不明になり、その後闘病生活を支えていた奥さんが急逝し、つい先日前妻もお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。1960年代、冒険物やSF物のアニメが多かった中、おそ松くんはと...... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 19:46

« 福田改造内閣は官僚寄り・財政再建路線 上げ潮派一掃 | トップページ | ロシアのノーベル文学賞作家・ソルジェニーツィン氏、死去 »