« 北京五輪 競泳でマイケル・フェルプスが7冠、1大会最多記録 | トップページ | 女子マラソン、トメスク初優勝 中村友梨香13位 土佐礼子は棄権 »

京都の夏の風物詩 五山送り火、行く夏を惜しむ

京都の夏の夜を彩る風物詩五山送り火が16日、京都市街を囲む山々で行われた。市民や観光客らは夜空を焦がす炎を眺め、行く夏を惜しんだ。

Photoお盆に迎えた精霊を再び送り出す宗教行事。午後8時、如意ケ嶽(左京区)のに続き、妙法船形左大文字鳥居形も点火された。

京都地方気象台によると、この日の最高気温は34.8度。小雨が降ったものの蒸し暑さが残る中、訪れた人たちは炎に向かって手を合わせていた。

五山送り火は、盆に戻った故人の精霊を再び送り出し、無病息災を祈る伝統行事。

          大文字五山送り火ー妙法点火直後妙法

|

« 北京五輪 競泳でマイケル・フェルプスが7冠、1大会最多記録 | トップページ | 女子マラソン、トメスク初優勝 中村友梨香13位 土佐礼子は棄権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/42190284

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の夏の風物詩 五山送り火、行く夏を惜しむ:

« 北京五輪 競泳でマイケル・フェルプスが7冠、1大会最多記録 | トップページ | 女子マラソン、トメスク初優勝 中村友梨香13位 土佐礼子は棄権 »