« 米Yahoo!、検索型ネット広告事業でGoogleと提携合意 | トップページ | 2008年岩手・宮城内陸地震、震度6強 マグニチュード7.2 »

クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘

1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL123便墜落。死者520名。日本中を震撼させた航機墜落事故。北関東新聞社編集局のテレビニュースで報じられると、局内は蜂の巣をつついたように騒然となった。事故現場は、地元だ。

Photo_2この未曾有の飛行機事故の全権デスクに任命されたのは、組織から一線を画した遊軍記者・悠木和雅/堤真一

地元紙の記者として、この前代未聞の大事故をどう報じるか。NHKや朝日など、東京の大マスコミと、いかに戦うか。
その緊張感と責任感は、悠木を否応なく極限の興奮状態へと押し上げていく。正にクライマーズ・ハイ

しかも、戦う相手は中央の全国紙だけではない。悠木が、日航機墜落事故の全権デスクに任命されたことによって生じた社内の嫉妬や陰謀が、渦を巻く。

クライマックスでは、部下/堺雅人がつかんだ事故原因の大スクープを、紙面に載せるかどうか、悠木は苦渋の決断を迫られる。

監督:原田眞人 ・出演:堤真一 堺雅人 尾野真千子 髙嶋政宏 山﨑努 他

★原作は、当時、地元上毛新聞の社会部記者として取材を続けた横山秀夫が、自らの壮絶な体験をベースに、17年もの年月をかけて書きあげた渾身の『クライマーズ・ハイ』。

★最近、映画の上映時間は2時間弱というのが主流だが、クライマーズ・ハイは2時間25分ほど。長いが、圧倒的な臨場感の連続で一気に魅せてしまう。

                  7/5 (土) から全国ロ-ドショー

             映画「クライマーズ・ハイ」予告編

       ラストゲーム/最後の早慶戦

|

« 米Yahoo!、検索型ネット広告事業でGoogleと提携合意 | トップページ | 2008年岩手・宮城内陸地震、震度6強 マグニチュード7.2 »

コメント

>Autumnroom
初めまして。
コメントを有り難うございました。
時々、TBが上手くいかないときがありますよね。
今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 大滝三千夫 | 2008/06/21 00:02

初めまして。先日「クライマーズ・ハイ」スレッドにTB頂き、こちらからもお返ししたのですが、反映されておらず、機能しなかったかもしれないので、とりあえずアドレス欄に当スレッドURLを入れコメントさせて頂きました。

投稿: Autumnroom | 2008/06/20 12:51

KGR 様
初めまして。
コメントを有り難うございました。

雑念に囚われていたのか頭が悪いからか、私は、悠木が、子供と別れる場面とニュージランドへ妻子に会いに出かけるシーンの意味合いが、よく分かりませんでした。

投稿: 大滝三千夫 | 2008/06/16 23:36

TBありがとうございました。
やっぱり長いですよね。

確かにダレはそれほど感じなかったし、
どれも明らかにムダなシーンとまでは言えないけど、
もう少し短くしてもらってもいいと思いました。

例えば、空港で子供と分かれるシーン、
川で高嶋政宏と語り合うシーン(方言?のせいで聞き取れんし)
土合駅のシーンも短くても良かった。

投稿: KGR | 2008/06/16 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/41525020

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘:

» クライマーズ・ハイ [まぁず、なにやってんだか]
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。 原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメラワークで、私も北関東新聞社の一記者になったような気持ちで観てしまいました。 悠木(堤真一)が采配をまかされて、キビキビと仕事をこなすところはかっこよかったですねぇ。 オンとオフの対比がうまかったです。 新聞社の他の社員のキャラクターがはっ... [続きを読む]

受信: 2008/06/14 13:45

» クライマーズ・ハイ [Memoirs_of_dai]
真実は闇の中 【Story】 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部... [続きを読む]

受信: 2008/06/14 23:51

» 「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ... [続きを読む]

受信: 2008/06/16 20:10

» クライマーズ・ハイ [レンタルだけど映画好き]
試写会にて鑑賞 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間 2008年 日本 7月5日公開 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/堀... [続きを読む]

受信: 2008/06/16 22:24

» 「クライマーズ・ハイ」試写会、感想。 [Beinthedepthsofdespair]
上映時間は、145分の長尺。 1985年に御巣鷹山に墜落したジャンボジェット機、それを追う地元の一地方新聞社で働く彼らの、葛藤を描いた作品です。ジャーナリズムとは如何なる物か?を問うている作品かと。 新聞社だって、一企業、収入がなければ、成り立たない。...... [続きを読む]

受信: 2008/06/16 22:48

» 「クライマーズ・ハイ」試写会 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
神保町、一ツ橋ホールでの開催。 開場ギリギリに行く予定が5分前に到着。 少し並びで待つ。 8割方の入りだった。 予告もあった「ランボー、最後の戦場」「ブラインドネス」「ホットファズ」 「僕の彼女はサイボーグ」 映画は実録もので、例の日航機墜落事件をあつかった地方新聞の記者の物語。 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ。 *** 2005年夏、新聞記者の悠木は、土合駅を降り、 親友と果たせなかった約束の谷川岳に彼の息子と登るために移動する。 時はさかのぼって、... [続きを読む]

受信: 2008/06/16 22:58

» 『クライマーズ・ハイ』 [ラムの大通り]
----ゴールデンウィークも、 もう残りあと2日。 今日の邦画は? 「『クライマーズ・ハイ』。 今年観た日本映画の中では 『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」 ----監督は原田眞人だよね? 「うん。この監督は 他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの手法を駆使して、 彼独自のエンターテイメント世界を生み出す。 と言っても、その昔、 デビュー作『さらば世界の友よインディアンサマー』で 原田監督にインタビューしたときは 『あまりエンターテイメント、エンターテイメントと言わない方がいい... [続きを読む]

受信: 2008/06/17 09:48

» 怒涛の一週間【クライマーズ・ハイ】 [犬も歩けばBohにあたる!]
あれから23年経ちました。 乗客乗員542名。 生存者4名。 死亡者数540名。 [続きを読む]

受信: 2008/06/19 14:55

» クライマーズ・ハイ [映画、言いたい放題!]
試写会で観ました。 1985年8月12日、 群馬県の地方新聞社・北関東新聞社の遊軍記者で、 翌日の朝刊作りに追われていた悠木和雅は、 19:36分発の電車で谷川岳に向かう予定だった。 目的は過去780人もの死者を出している難所・衝立岩へのアタック。 パートナーは販売局員の... [続きを読む]

受信: 2008/06/20 14:17

» ■ クライマーズ・ハイ (2008) [MoonDreamWorks]
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開監督 ・ 脚本 : 原田眞人出演 : 堤真一/堺雅人/尾野真千子 他観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★原作 : 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋刊) 「クライマーズ・ハイ (2008)」チェック、ダ...... [続きを読む]

受信: 2008/06/22 14:30

» クライマーズ・ハイ [アートの片隅で]
「クライマーズ・ハイ」の試写会に行って来ました。 会場の中野サンプラザに行く為に中野駅に到着したら、何と豪雨に雷という最悪の状況でした。 帰りには、三鷹付近に雷が落ちたせいで、中央線が大混乱になっていました。... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 10:31

» 映画「クライマーズ・ハイ」もみたい [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
堤真一「新聞記者なら徹底的に闘いたい」(日刊スポーツ) - goo ニュース クライマーズ・ハイ - goo 映画  [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjExNGJgszSyPTNEuL0oDk9AoTX7+s4GK1jBzbrEQ8UjDdAKEdEvw=]  この作品の原作は横山秀夫さんの「クライマーズ・ハイ」だ。同作品はNHKが2005年にドラマ化し、その年のギャラクシー賞優秀賞を受賞している。面白いので何度もみた。ブログにも書いた。日航機の墜落事故の記事をめぐり地元新聞... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 11:46

» [cinema]クライマーズ・ハイ [HARI INI ?]
試写会に行ってきました{/heart/} クライマーズ・ハイ Staff:原田眞人 Cast:堤真一 堺雅人 尾野真千子 高嶋政宏 山崎努 『半落ち』の横山秀夫原作。 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落したJAL123便。 世界最大・最悪の単独航空機事故の死者は520名に及んだ、風化させてはならない23年前の事件。 主人公・悠木(堤真一)は全権デスクを任命される。 悠木の同僚で親友の安西(高嶋政宏)はクモ膜下出血で倒れる。 映画で描かれるのは、激動の1週間。 この1週間... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 09:50

» 『クライマーズ・ハイ』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。 昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 11:27

» 「クライマーズ・ハイ」高度な映画 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
高さもすごい、硬さもすごい(硬度)。 まるでドキュメンタリーを観るような、まさにその現場に居合わせたような緊迫感は、なるほど実際に上毛新聞の社会部の記者として取材に当たった経験を持つ原作者 横山秀夫ならではだ。 ひさしぶりに硬派な映画を観た。... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 12:32

» 『クライマーズ・ハイ』 [Mooovingな日々]
クライマーズハイを見ました。原田眞人監督、堤真一、堺雅人、尾野真千子、山崎努ほか。 1985年8月12日。群馬県御巣鷹山に日航ジャンボ機123便墜落。死者520名。地元北関東新聞社は、かつてない大事故のスクープ。全権を任命されたのは、組織から離れた存在の悠木だった。記者として一大スクープの一方で命の重さを気遣わないとならない難しさが問われ悩む。友人のクライマー仲間の安西が病気で倒れ、混乱のデスクでも妬みや苛立ちに激昂し、全国紙との報道合戦。壊れゆく家族の絆。そんな人間ドラマが展開する。 ..... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 21:29

» クライマーズ・ハイ [映画、言いたい放題!]
試写会で観ました。 1985年8月12日、 群馬県の地方新聞社・北関東新聞社の遊軍記者で、 翌日の朝刊作りに追われていた悠木和雅は、 19:36分発の電車で谷川岳に向かう予定だった。 目的は過去780人もの死者を出している難所・衝立岩へのアタック。 パートナーは販売局員の... [続きを読む]

受信: 2008/06/29 14:28

» クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ) [RE:ねこのうたたね]
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・ハイ』公式サイト 命を追った、あの夏。 ◆あらすじ 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹... [続きを読む]

受信: 2008/06/29 23:06

» 映画[ クライマーズ・ハイ ]地方記者の未曾有の一週間 [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ クライマーズ・ハイ ]を中野サンプラザで鑑賞。 はじめて観るホールでの試写会。 周囲はいたって、いつものごとく夕食変わりにパンなどをほうばりリラックスだが、オイラは一人子どものようにドキドキ、ワクワクでテンションあがりまくり。上映が始まるまで、ツレ相手にべしゃりが止まらない。 本作は自らの体験をもとに書き上げた、[ 半落ち ]の横山秀夫の渾身の一作である同名小説の映画化。原作はGWの帰省中に乗った新幹線で、一気に読んだ。いつものように、感涙しただけに、とても楽しみだった。なんた... [続きを読む]

受信: 2008/06/30 00:32

» クライマーズ・ハイ [象のロケット]
1985年8月12日。 群馬県御巣鷹山にJAL123便墜落。 死者520名。 世界最大で最悪の単独航空機事故発生。 地元紙の航空機事故全権デスクを任されたのは、組織から一線を画した遊軍記者だった。 モラルとは? 真実とは? 新聞は命の重さを問えるのか? 信念を通そうと必死にもがく、新聞記者たちの濃密な日々の記録。 実話にもとづくヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008/06/30 18:37

» クライマーズ・ハイ [GARAGE-tettin]
 来る7月5日公開の映画「クライマーズ・ハイ」。 一足お先に試写会へ行ってまいりました。では、その熱血レポートをどうぞお楽しみ下さい(笑)。 (以下ネタバレを含んでいます。)   【クライマーズ・ハイ】 登山時に興奮状態が極限まで達し、高さへの恐怖感が麻痺してしまう状態。    原作小説と比較すれば、脚本は細かな変更が施されており、後半は大きく改変されていた。特に小説の最後の部分に登場する「彩子の投稿」のくだりはバッサリと落とされてしまっていた。しかし、この部分は"小説"という... [続きを読む]

受信: 2008/07/02 19:41

» クライマーズ・ハイ [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
本日より公開、堤真一主演「クライマーズ・ハイ」観てきました。 劇場内、初日のせい [続きを読む]

受信: 2008/07/06 13:32

» 「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー [オールマイティにコメンテート]
「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数の...... [続きを読む]

受信: 2008/07/08 00:46

» 映画 【クライマーズ・ハイ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫の同名小説の映画化。ちなみに、横山秀夫自身は記者として日航機墜落を取材した体験を持つ。 おはなし:1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。悠木和雄(堤真一)は編集部で全権デスクに任命される。 原作がとても素晴らしかったのです。3年前にNHKで製作されたドラマも素晴らしかったです。映画化されても普通以上に満足させてくれるだろうとは予想がつきました。 世界の航空機事故史上でも未... [続きを読む]

受信: 2008/07/08 06:15

» クライマーズ・ハイ [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/93fa959b0f20597027c5670cb44690cc の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よ... [続きを読む]

受信: 2008/07/08 06:22

» ★★★★ 『クライマーズ・ハイ』(映画版) [映画の感想文日記]
2008年。「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ。    原田眞人監督。横山秀夫原作。  先々週頃にテレビドラマ版の『クライマーズ・ハイ』 をDVDで見ていて、その出来の良さに感心した... [続きを読む]

受信: 2008/07/08 23:27

» 『クライマーズ・ハイ』 [・*・ etoile ・*・]
'08.06.25『クライマーズ・ハイ』(試写会)@一ツ橋ホール Mッスが当選! おこぼれにあずかって行ってきた。 「1985年8月12日群馬県御巣鷹山の山中に乗客乗員524人を乗せた日航機が墜落した。北関東新聞社の遊軍記者悠木はこの世界最大の航空機事故の全権デスクに任命...... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 00:54

» 『クライマーズ・ハイ』 [唐揚げ大好き!]
  命を追った、あの夏の日。   ■1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。そ... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 06:07

» 「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感 [soramove]
「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 仕事について考える、 毎日、仕事が楽しくてたまらない、 そんなふうにはなかなか思えないが、 時々、毎日の繰り返しの中でも やりがいや達成感を覚える、 そんな時まだ続けられるなと ...... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 08:02

» 「クライマーズ・ハイ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「クライマーズ・ハイ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、他 *監督:原田眞人 *原作:横山秀夫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。..... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 11:11

» クライマーズ・ハイ・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
原田眞人は日本映画史においては、かなり特異な映画作家であると思う。 若くして米国を拠点に評論活動を開始し、やがて「さらば映画の友よ ... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 12:43

» 『クライマーズ・ハイ』・・・下りるために登るんさ [SOARのパストラーレ♪]
原作小説の大ファンである私にとって、二度目の映像化ということで楽しみにしていた『クライマーズ・ハイ』を公開初日に観てきた。以前のNHKドラマ(佐藤浩市主演)が素晴らしかったので逆に一抹の不安もあるにはあったが、キャストは申し分ないしかなり期待して席に着いた。しかし・・・(^^ゞ... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 19:22

» 「クライマーズ・ハイ」:門前仲町バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}俺って、こういう赤い成田山の門とか見ると、なんかこう心がウキウキしてきてハイな気分になってくるんだよなあ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}成田山だけに、クライマーズ・ハイになるのかな? {/hiyo_en2/}うーん、それは“山”ちがいだと思うけど。 {/kaeru_en4/}映画の「クライマーズ・ハイ」に出てくる新聞記者たちだって、みんなが山に登るわけでもないのに、ハイになってたぜ。 {/hiyo_en2/}日航機墜落事故っていう世紀の大... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 20:55

» *クライマーズ・ハイ* [Cartouche]
{{{   ***STORY***               2008年  日本 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく悠木は県警キャップの佐山らを事故現場へ向かわせる。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く…。      ..... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 23:11

» クライマーズ・ハイ [花ごよみ]
監督は原田眞人。 原作の著者、横山秀夫本人が、 記者時代に遭遇した 日航機墜落事故取材の体験をもとに、 書き上げた小説の映画化。 かつてない大惨事の、 全権デスクを命じられた悠木和雅、 堤真一が演じています。 NHKのテレビドラマでは、 佐藤浩市が演じていました。 記憶に残る力強い作品でした。 日航の墜落事故後の新聞報道、 組織を相手にした主人公の心の葛藤、 熱い魂を持った新聞記者達。 新聞社の内幕が かいま見ることができ、 興味深いものがありました。 社内に存在する 各記者達の... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 23:32

» 【クライマーズ・ハイ】 [日々のつぶやき]
監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 「1985年8月12日、羽田発大阪行日航123便が乗客524人を乗せ消息を絶った。 群馬か長野か・・その日山に登る予定だった北関東新聞の悠木は、日航全権デスクを任命された。 誰も経験し... [続きを読む]

受信: 2008/07/10 11:52

» 『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました [映画と秋葉原と日記]
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しようと... [続きを読む]

受信: 2008/07/10 17:31

» 「クライマーズ・ハイ」あの夏の記憶が、甦る…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
記事投稿日2008年6月26日 00:40 ※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間固定。  ベストセラー作家・横山秀夫原作小説の映画化。「クライマーズ・ハイ」(東映/ギャガ・コミュニケーションズ)。1985年夏に起きた、“日航機墜落事故”。この映画は、その事故に正面からぶつかっていった、地元地方新聞社の“戦い”を描いています。  悠木和雅(堤 真一)は、亡き親友の息子・安西燐太郎(小澤 征悦)と共に、谷川岳・一の倉沢の“衝立岩”の登攀にアタックしていた。それは、親友... [続きを読む]

受信: 2008/07/10 20:34

» クライマーズ・ハイ [とりあえず、コメントです]
横山秀夫氏の同名小説を映画化した作品です。 1985年に御巣鷹山で起きた日航機墜落事故の情報を掴むために奔走する新聞記者たちの ハードな1週間が描かれていました。 1985年8月12日、明日からの登山のために帰宅しようとしていた記者・悠木(堤真一)の元に 県警担当の記者・佐山(堺雅人)から電話が入った。 羽田発大阪行の日航機が行方不明になったらしいというのだ。 もし、墜落していてしかもその地点が群馬県だったら、 これは群馬県の地方新聞である北関東新聞にとって、創設以来のビッグニュースとなる。 社内... [続きを読む]

受信: 2008/07/11 00:24

» 映画:クライマーズ・ハイ 試写会 [駒吉の日記]
クライマーズ・ハイ 試写会(スペースFS汐留) 「チェック、ダブルチェック」 1985年、子供心にもこの出来事は覚えています。N○Kでもドラマ化(2005年12月http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_high.html )されました。観たのですが、詳細はおぼろ・・・直後に現地入... [続きを読む]

受信: 2008/07/11 15:09

» 映画「クライマーズ・ハイ」 [アンナdiary]
彼と「クライマーズ・ハイ」を見に行った。パンフレットを買おうとレジに並んだけど、殆どの人が花より男子ファイナルの派手なうちわを買っていた(苦笑) 私だけじゃないかな?「クライマーズ・ハイ」とか言ってたの。。。... [続きを読む]

受信: 2008/07/11 21:06

» クライマーズ・ハイ [Diarydiary! ]
《クライマーズ・ハイ》 2008年 日本映画 1985年8月12日に起きた日航ジ [続きを読む]

受信: 2008/07/11 21:58

» 劇場版と、テレビドラマ版の違い●クライマーズ・ハイ [Prism Viewpoints]
新聞は、インテリが作って、ヤクザが売る。 劇場版 『Climbers High』 クライマーズ・ハイ - goo 映画 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜... [続きを読む]

受信: 2008/07/11 23:22

» 香りある人間。『クライマーズ・ハイ』 [水曜日のシネマ日記]
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2008/07/12 10:14

» 【映画】クライマーズ・ハイ [新!やさぐれ日記]
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。 ■コメント 横... [続きを読む]

受信: 2008/07/12 13:06

» 「クライマーズ・ハイ」みた。 [たいむのひとりごと]
「え。これで終わり?」というのが瞬間の感想。これ以上長くても困るけれど、残念ながら最後まで、何を一番に描きたかったのか読み取れなかった気も・・・。それでも、「日航機墜落事故」と「クライマーズ・ハイ」。... [続きを読む]

受信: 2008/07/12 15:12

» [Review] クライマーズ・ハイ [Diary of Cyber]
【クライマーズ・ハイ】 登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態 作家・横山秀夫氏の小説『クライマーズ・ハイ』の映画化作品。 1985年8月12日 18:56、日本航空123便羽田発大阪行きのジャンボ機が、群馬県の高天原山に墜落。死者520人、負傷者4人の、世界最大規模となる未曾有の航空機事故が発生。この作品は、その事故を追う地方新聞社の視点から見た物語です。 ですが、この作品の主眼、最も伝えたいことは、題名にもなっている『クライマーズ・ハイ』でもなく、題材... [続きを読む]

受信: 2008/07/12 17:58

» クライマーズ・ハイ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ〜っ!良かったですよぉ〜♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だったのを覚えています。 この前日に私は原付バイクを購入し、この日はそのバイクで初めて仕事に出かけたので記憶に残っています。 夜、帰宅するとTVではどこも全てこのニュースでした。 あれから23年・・・ ... [続きを読む]

受信: 2008/07/12 20:56

» クライマーズ・ハイ [映画通の部屋]
「クライマーズ・ハイ」製作:2008年、日本 145分 監督、脚本:原田眞人 出 [続きを読む]

受信: 2008/07/21 20:43

« 米Yahoo!、検索型ネット広告事業でGoogleと提携合意 | トップページ | 2008年岩手・宮城内陸地震、震度6強 マグニチュード7.2 »