« 胡錦濤主席、早大大隈講堂で講演 出席者は‥外は騒然 | トップページ | 協栄ジム、亀田興毅・大毅と契約解除 »

国民生活センター、自動折りたたみ傘で事故つづく

ボタンを押すと自動的に開閉する折りたたみ傘で、柄の部分(中棒)を押し込んで短くする際、急に伸びてきて顔を打ったり切ったりするけがが起きている。中棒を押し込み切れずロックされなかったことが原因とみられる。国民生活センターのまとめでわかった。

Photo_2 国民生活センターによると03年6月~07年9月に各地の消費生活センターに5件の相談が寄せられた。9~41歳の5人が額を切ったり歯にひびが入ったり。眼球の打撲で後遺症が残った例もある。

事故は、ボタンを押すと柄が内蔵バネで自動的に伸びて開くタイプで起きている。4件は中棒を縮める時に起きており、中棒を押し込む力が足りず、バネの反動で中棒が勢いよく飛び出し、顔にぶつかったらしい。残り1件は誤って開閉ボタンに触れてしまったと見られている。

国民生活センターは傘メーカーに対し、自動開閉式などの折りたたみ傘の安全性を検討するよう要望。洋傘メーカーでつくる日本洋傘振興協議会の品質基準にも、このタイプの傘の安全性に関する規定を盛り込むことなどを求めた。
「一般論だが、開閉時に顔を近づけないなど注意をして欲しい」協議会


|

« 胡錦濤主席、早大大隈講堂で講演 出席者は‥外は騒然 | トップページ | 協栄ジム、亀田興毅・大毅と契約解除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/41147714

この記事へのトラックバック一覧です: 国民生活センター、自動折りたたみ傘で事故つづく:

« 胡錦濤主席、早大大隈講堂で講演 出席者は‥外は騒然 | トップページ | 協栄ジム、亀田興毅・大毅と契約解除 »