« 北海道・野付でH5N1型検出 サロマ湖の1羽に陽性も | トップページ | ネットテレビでサービス競う、配信規格統一へ »

閉鎖3カ所のリンク存続活動に、中野友加里らも参加

プリンスアイスワールド公演期間中の5月5日。

福井や岡山、大阪などで閉鎖が相次ぐスケートリンクの存続を求め、荒川静香らが新横浜スケートセンターで訴えを行った。会見には荒川のほか高橋大輔中野友加里らフィギュアのトップスケーターたち7人が顔を揃え、スケートリンクの存続を訴えた。

Photo_2荒川静香は「滑っているスケーターがリンクを絶たれるということは、やはり夢を奪われることになると思います。そういったスケーターたちを目にしないために、リンクの存続に向けて、どうかご協力をお願いいたします」と訴えた。

中野友加里は「荒川さんのような、オリンピックの金メダリストを目指す選手がたくさんいると思うので」と話した。

高橋大輔は「僕自身がスケートを始めるきっかけとなった倉敷のスケートリンクが、閉鎖という形になってしまいまして。本当に自分がかかわってきた場所が、どんどんなくなっていくっていうのが、一番ショックなんですけども」と話した。

“ドットフォン”シリーズを活用してリンクの閉鎖に歯止め

      Fan service of Shizuka Arakawa in 2006 PIW


  荒川静香さんや高橋大輔選手ら、リンク存続を訴え

|

« 北海道・野付でH5N1型検出 サロマ湖の1羽に陽性も | トップページ | ネットテレビでサービス競う、配信規格統一へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/41105002

この記事へのトラックバック一覧です: 閉鎖3カ所のリンク存続活動に、中野友加里らも参加:

« 北海道・野付でH5N1型検出 サロマ湖の1羽に陽性も | トップページ | ネットテレビでサービス競う、配信規格統一へ »