« パレスホテル、建て替えへ 施設老朽化のため | トップページ | 船場吉兆、湯木正徳前社長指示で客の食べ残しを使い回し »

有罪評決のDCマダム/ジーン・パルフリー被告、首つり自殺

米フロリダ州の警察当局は1日、ワシントンのエリート層を対象に高級売春クラブを経営していたとして起訴され、公判中の通称DCマダムことデボラ・ジーン・パルフリー被告52が同日、フロリダ州内の実家付近で首つり自殺しているのが手書き遺書と共に見つかった、と発表した。

Photo_3デボラ・ジーン・パルフリー被告は4月15日、連邦陪審より有罪の評決を受け、7月に量刑が言い渡される予定になっていた。

DCマダムの顧客には政財界の有力者や政府高官が含まれていたとされ、このうちランドール・トバイアス国務省外国援助局長兼国際開発庁/USAID長官が昨年4月、顧客だったことを認めて辞任。

デボラ・ジーン・パルフリー被告は法廷で「サービス内容に売春は含まれていなかった」と主張。米メディアには、顧客だった政府高官や有力者を名指しして「サービスが合法的だったと証明してもらう」と話しており、突然の自殺をめぐっては様々な憶測を呼ぶ可能性が高い。(読売新聞)

          エリオット・スピッツァーNY州知事、売春宿の常連

          傾城?アシュリー・アレクサンドラ・デュプレさん

          NY州新知事、デビッド・パターソン副知事が昇格

          DCマダム=デボラ・パルフリーに揺れる米政官界


|

« パレスホテル、建て替えへ 施設老朽化のため | トップページ | 船場吉兆、湯木正徳前社長指示で客の食べ残しを使い回し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/41077718

この記事へのトラックバック一覧です: 有罪評決のDCマダム/ジーン・パルフリー被告、首つり自殺:

» DCマダムが自殺 [ひとりの独り言(別館)]
米国の首都ワシントンで政治家や高級官僚らを相手に売春組織を運営、「DC(ワシントンの別称)マダム」として知られたデボラ・パラフライ被告(52)が1日、南部フロリダ州の母親宅で首をつった状態で死亡しているのが発見された。地元警察によると遺書があり、自殺とみら... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 21:34

» 喜怒哀楽ニュース [MEPHIST]
船場吉兆、食べ残しを別の客に   牛肉の産地を偽装表示していた高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)が、本店の料亭部門で客が残した刺し... [続きを読む]

受信: 2008/05/04 01:09

« パレスホテル、建て替えへ 施設老朽化のため | トップページ | 船場吉兆、湯木正徳前社長指示で客の食べ残しを使い回し »