« 靖国=YASUKUN上映中止 揺れる表現の自由 | トップページ | キッザニア東京 アルバイトが女児に強制わいせつ致傷 »

JASRACとドワンゴが契約 動画サイト著作権料で

ドワンゴの子会社ニワンゴは1日、運営する動画共有サイトニコニコ動画の投稿映像で使われる楽曲について、日本音楽著作権協会/JASRACと包括的な利用許諾契約を締結したと発表した。

ニワンゴが著作権使用料の支払いを肩代わりすることで、ニコニコ動画の利用者はJASRACが管理する楽曲を自分で演奏したり、歌ったりした動画作品を合法的に投稿できるようになる。

JASRACと管理楽曲の著作権料支払いで契約を締結したのはヤフー・ソニー・サスフォーに続き4社目。ニワンゴはニコニコ動画事業で得られる収入の1.875%を著作権使用料としてJASRACに支払う。

動画共有サイトは著作権者の許諾を得ていない動画の投稿が問題視されており、運営各社は著作権管理団体との契約を急いでいる。
ユーチューブを運営する米グーグルも先月、楽曲の著作権を管理する別団体と包括許諾契約を結んだ。(NIKKEI NET)

|

« 靖国=YASUKUN上映中止 揺れる表現の自由 | トップページ | キッザニア東京 アルバイトが女児に強制わいせつ致傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40737592

この記事へのトラックバック一覧です: JASRACとドワンゴが契約 動画サイト著作権料で:

« 靖国=YASUKUN上映中止 揺れる表現の自由 | トップページ | キッザニア東京 アルバイトが女児に強制わいせつ致傷 »