« 三田哲哉滋賀県教委主事、教え子に猥褻行為で逮捕 | トップページ | 米国産牛肉に特定危険部位 吉野家の工場で発見 »

2008/04/24

キトラ古墳の大刀復元、シックな黒に銀の輝き

極彩色壁画で知られる奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末―8世紀初め)の出土品から、奈良文化財研究所が副葬品の大刀を復元し、報道陣に23日、公開した。

Photoつややかな黒漆塗りのさやに銀製の金具が付くデザイン。
高松塚古墳などの華美な唐風の大刀とは違うタイプだが、奈良文化財研究所は
「洗練された美しさがある。第一級の品で被葬者の身分の高さがうかがえる」としている。

長さ約90cm幅4.4cm重さ672g。さやはヒノキ製で、つかにサメ皮を巻いた。
これまでの発掘調査でさや大刀の破片、金具など計8点が出土。
金具の種類から2本以上の大刀が副葬されたという。

このうち細身の1本の形や装飾を、同時期の古墳で見つかった例を参考にして推測した。
大刀は5月9日から明日香村の同研究所飛鳥資料館で展示する。〔共同〕

   飛鳥美人5月31日から公開、キトラ古墳壁画は里帰り

   キトラ古墳 天文図のはぎ取り本格化へ


|

« 三田哲哉滋賀県教委主事、教え子に猥褻行為で逮捕 | トップページ | 米国産牛肉に特定危険部位 吉野家の工場で発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キトラ古墳の大刀復元、シックな黒に銀の輝き:

« 三田哲哉滋賀県教委主事、教え子に猥褻行為で逮捕 | トップページ | 米国産牛肉に特定危険部位 吉野家の工場で発見 »