« 岩崎宏美さん、チェコ親善大使に就任 PRAHA | トップページ | JASRACとドワンゴが契約 動画サイト著作権料で »

2008/04/02

靖国=YASUKUN上映中止 揺れる表現の自由

映画靖国 YASUKUNIをめぐり、トラブルを警戒して公開予定の12日からの上映が中止された問題で、映画・演劇をはじめとするマスコミ業界の労組が1日、相次いで声明を出した。

Photo_4新聞労連など9団体でつくる日本マスコミ文化情報労組会議(嵯峨仁朗議長)は
「日本映画史上かつてない、映画の表現の自由が侵された重大事態。政治的圧力、文化支援への政治介入、上映圧殺に強く抗議する」と訴えた。

映画館関係者らでつくる映画演劇労働組合連合会(高橋邦夫中央執行委員長)も声明で「すべての映画各社、映画館、映画関係者は公開の場を提供するよう、映画人としての勇気と気概を発揮して欲しい」と呼びかけた。

Photo_5靖国をめぐっては、自民党の稲田朋美衆院議員側が製作に公的助成金が出たことを疑問視。国会議員向け試写会が3月12日に開かれた。
その後、公開予定の映画館に街宣車が来るなどし、12日封切り予定だった5館すべてが上映中止を決めた。【アサヒ・コム】

★上映中止を決めた理由は「抗議活動で近隣の商業施設や客に迷惑がかかる」「他の映画館が中止する中で上映すれば、非難が集中する」というものらしいが、表現の自由を自己規制することに他ならない。

言論や表現の自由を大音響とともに封殺にくる街宣車を取り締まれないものか。つい先日、プリンスホテルが日教組の集会を断ったばかり。

|

« 岩崎宏美さん、チェコ親善大使に就任 PRAHA | トップページ | JASRACとドワンゴが契約 動画サイト著作権料で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国=YASUKUN上映中止 揺れる表現の自由:

« 岩崎宏美さん、チェコ親善大使に就任 PRAHA | トップページ | JASRACとドワンゴが契約 動画サイト著作権料で »