« 人間国宝の吉田簑助さん、ルーブル美術館で初の文楽 | トップページ | 電通テックの上田賢治、博報堂には負けられない!? »

ネット犯罪が低年齢化、小学生の殺害予告相次ぐ

埼玉と福岡で小学生がネットで殺害予告をするというショッキングな事件が発覚。これまで被害者になることが多かった世代が、自ら加害者になるケースが急増。
子どもたちがネット社会の悪意に飲み込まれていくなか、専門家は早急な対策の必要性を訴えている。

Photo_2「ホットライン開設時から未成年者によるネットでの殺害予告はあった。ただ、小学生が加害者になっていると聞いたのは初めて」インターネットホットラインセンター相談員、吉川誠司氏。

埼玉県の小学4年の女児が先月、動画サイトに「埼玉の小学生の女子を2月29日13時に殺します」と書きこみ、県警は児童相談所に非行事実を通告した。女児は「いたずらで面白半分にやった。こんな騒ぎになるとは思わなかった」と罪の意識は希薄。

福岡でも、小学生の男児がネット掲示板2ちゃんねるに「3月3日15時に福岡県内の小学生を殺してみる」と書き込んでいたことが分かった。
保護者から「子供が書き込んだようだ」と県警に相談が寄せられていた。

未成年者の書き込みが事件になるケースは後を絶たない。

警察庁によると、06年にネット上の誹謗中傷に関する相談を警察が受けたケースは8037件で、3年前の3倍に上った。

|

« 人間国宝の吉田簑助さん、ルーブル美術館で初の文楽 | トップページ | 電通テックの上田賢治、博報堂には負けられない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40403587

この記事へのトラックバック一覧です: ネット犯罪が低年齢化、小学生の殺害予告相次ぐ:

« 人間国宝の吉田簑助さん、ルーブル美術館で初の文楽 | トップページ | 電通テックの上田賢治、博報堂には負けられない!? »